能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

能狂言の楽しみ

昨年12月の桧垣の鑑賞記を書いて以来、しばらくブログを更新できないでおりましたが、その後も月に一度程度は能楽堂に足を運んでいます。

12月の金春円満井会特別公演は、桧垣のあと、狂言「昆布売」と、半能「石橋」がありました。石橋は群勢の小書が付いて賑やかな舞台を拝見しています。しばらく前に、当時は宗家だった金春安明さんのシテで群勢の丸能…以前にも書きましたが、金春の能楽師さん達は半能でない、前後の演能を丸能と読んでおられるとか…がテレビで放映されましたが、これとの比較もまた一興でした。

1月は慌ただしく能楽堂には行けずに過ぎてしまいましたが、2月には平日に観世流荒磯能を。気になっている能楽師、坂口貴信さんの歌占を観ることができました。会社のイベントを無理やり能楽鑑賞にしての鑑賞だったのですが、初めて能を観た方から[歌占の主役の人、なんかスゴいですネ]という感想をいただきました。

3は九皐会。喜之先生の花月と中所さんの雲林院。喜之先生が花月ですか!?、と正直のところ驚いたのですが、これはさすがの舞台でした。雲林院、舞姿がとてもきれいで、男の序ノ舞というのを初めて楽しんで観たような気がします。

そして4月は先週15日に花影会。今回から4月は翁付での上演ということで、翁付淡路、目近、さらに石橋、師資十二段式の小書付。様々に見応えある会でしたが、個人的には三番叟の山本凛太郎さん…第47回式能で喜多六平太さんが久しぶりの舞台で翁をされた際に、千歳を披かれたのを観て感激してから11年。三番三を拝見して、時の流れ、役者としての成長をしみじみと感じました。

というわけで、また書いておきたいことも溜まってきましたので、少しずつブログの更新を心がけていこうかと思っています。
スポンサーサイト

桧垣またまたつづき

「藤原の興範の」と謡って上羽。クセの後半も左右から「昔の花の袖今さら色も麻衣」とサシて角へ。角トリして扇カザシ、左に回って「けふの細布胸合はず」と大小前小回り。左右して「何とか白拍子その面影のあるべき」と打込ます。

ここで扇を閉じて右に回り作り物の横にて床几に腰を下ろし物着。白拍子物でもあり物着があっても良いのだというのは信高さんの考えで、上演された時はここで長絹と烏帽子を着けたのだそうですが、今回は光洋さんの考えで長絹は作り物の中で済ませ、ここでは烏帽子だけになさったそうです。

物着の後は「よしよしそれとても 昔手馴れし舞なれば 舞はでは今は叶ふまじと」と再び地謡を聞き、シテの謡「興範しきりに宣へば」。地謡が「あさましながら麻の袖 露うち払ひ舞ひ出す」と謡うに合わせて袖の露を取って立ち上がり、二足ほど出て「桧垣の女の」と謡い、地謡が「身の果を」と謡う中、左右ヒラキ打込、答拝の形から手を下げて袖の露落とし、左右ヒラキ序ノ舞です。

序ノ舞では二段のヲロシで正中に腰を下ろす所作があります。実はその後、二段の地で舞台正先に進んだ際に、足先が舞台から出てしまったため一瞬「あっ」と思ったのですが、全く何事もなかったように足を引き戻して舞が続きました。見所にも息を呑んだ方が少なからずいた様子だったのですが、その後も静かに舞が続き、あれはああいう型だったのかと思うほど自然な流れでした。

舞上げて「水運ぶ 釣瓶の縄の釣瓶の縄の繰り返し」と上羽。大左右からヒラキ、「白河の波白河の」と出てヒラキ。「水のあはれを知る故に これまで現れ出でたるなり」と謡ってヒラキの形をしつつ腰を下ろし、扇で水を掬う形から「水は運びて参らする」と立ってワキに寄り、下居して扇を閉じると烏帽子を取り「罪を浮かべてたび給へ」と立ってそのまま囃子で歩み、正中辺りで留となりました。
もともとの型としては、扇で水を持って行く型をして手を合わせて残り留のところ、今回は烏帽子を脱ぎ、ここから白拍子でないという演出にされたそうです。

本田光洋さんの父上である本田秀男さんは蓮台寺近くの生まれだそうで、そういう縁もあり、また金春信高さんの演能の際は、アイを十郎さんのお父さんである善竹圭五郎さんが勤め、光洋さんは地謡で出ていたなど、様々な縁が舞台に一段深い味わいをもたらしていたような気がします。
(136分:当日の上演時間をおおよそで記しておきます)
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです

桧垣またつづき

さて地謡の後、ワキは、声のみが聞こえるが姿を現してほしいと言い、シテがそれでは姿を現して御僧の御法を受けようと答えます。ワキが早く姿を現すようにと促す声に、後見が引廻しに手をかけて下ろし、檜垣藁屋のうちにシテが姿を現します。藁屋の左右には檜垣が組まれていて、なるほど檜垣藁屋というのはこのことかと納得しました。

ワキは、今も執心の水を汲む輪廻の姿が見えて、いたわしいと言い、シテは罪の深さ故に苦しみ「熱鉄の桶を荷い」と謡いつつ、桶を持ってやや右に向き「猛火の釣瓶を提げて」と下を覗く型。「その水湯となって我が身を焼くこと隙もなけれども」と謡いつつワキを見ますが「この程は御僧の知遇に引かれて 釣瓶はあれども猛火はなし」と言い、ワキも因果の水を汲み、執心を振り捨てて浮かぶようにと諭します。
シテ、ワキ掛け合いに謡い、地次第「釣瓶の水に影落ちて 袂を月や上るらん」でシテは立ち上がり作り物を出ます。

薄い納戸色のような色大口に、紫か茶か判然としないような複雑な色の長絹。地取りで右に回って斜め後ろを見き、後見に水桶を渡して中啓に持ち替えると、クリで左を向いて藁屋の前に戻ります。

シテサシ「氷は水より出でて水よりも寒く」、地謡「青きこと藍より出でて藍より深し…」と謡い、シテ「いや増さりする思の色」地「紅の涙に身を焦がす」で左、右と足を引き、左手で片シオリ。

クセ「釣瓶の懸縄繰り返し憂き古も…」で六足ほど出ると左の手を前に出してワキを見、右手と代えて右に向き、正に直すと二足ほど下がり「紅顔の粧舞女のほまれもいとせめて」と目付柱に向かって二、三足、正に直すと左に回り「翡翠のかづら花萎れ」と大小前に戻って正を向くと「桂の眉も霜降りて」と六足ほど前に出ます。
「みずにうつる面影老衰 影沈んで」と左、右と袖を重ねて身を抱く型。「翠に見えし黒髪は土水の藻屑塵芥 変わりける身の有様ぞ悲しき」に扇上げて髪を指し、直して片シオリ。右から廻って大小前に行き「思ひ出づればなつかしき」と扇を広げると「その白河の波かけし」と打込ます。
クセ上げ端のところですが、このつづきはもう一日明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです

 | HOME |  次のページ»

カレンダー

« | 2018-04 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad