能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

関寺小町またつづき

クセは「あるは無く 無きは数そふ 世の中に あはれ何れの 日まで嘆かん」と、新古今の小町の歌からの謡い出し。およその意味としては、生きている人は亡くなり、亡くなった人の数は増えていく世にあって、いつの日まで私は歎き続けるのであろう、といったところでしょうけれども、続けて「と 詠ぜし事も我ながら 壁生草の花散じ 葉落ちても残りけるは露の命なりけるぞ」・・・そう詠んだのは自分であるけれども、いつまで続くことかこの命は、と百歳に到る思いを謡います。

「せめて今はまた初めの老ぞ恋しき」今となっては初老の頃さえ懐かしいとシオリます。古は栄華を楽しんだ身が、今は賤の小屋住まいであることを、玉造小町子壮衰書を底本としたと思われる章句で謡います。

上げ端「関寺の鐘の声」を謡ってシテは「逢坂の山風の」と目付柱の方を見やり、正面に戻すと「飛花落葉の折々は」で扇を出し、続いて短冊を取り出すと「硯をならしつつ筆を染めて藻塩草」の謡に、扇を筆に見立てて墨を含ませる態。
「書くや言の葉の枯れ枯れに」で短冊に歌を書き付ける様を見せ、「あはれなる様にて強からず強からぬは」と再び墨を含ませて書き継ぎ「女の歌なれば」と短冊をみると「いとどしく老いの身の 弱り行く果ぞ悲しき」と短冊を下ろして左に置き、シオル形になります。

子方がワキを向き、ワキも振り返って子方と向き合う形。子方が七夕の祭のことを告げ、ワキはこれを聞いて立ち上がると、少しシテに寄って下居し七夕の祭に出てくるように声をかけます。
シテは老女のことでもあり・・・と遠慮しますが、ワキは重ねてシテを促し、立ち上がって藁屋の側まで寄って下居します。
さてこのつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
スポンサーサイト

関寺小町さらにさらにつづき

ワキは、女の歌詠みは稀だと言いつつ「我が背子が 来べき宵なり ささがにの 蜘蛛の振舞 かねて著しも」というのは女の歌かと問いかけます。能「土蜘蛛」にも引かれている歌ですが、シテは答えて、この歌は衣通姫の詠んだもので、自分もその流を学んだと言います。

衣通姫と聞いて、ワキは小野小町もその流と聞いているが「侘びぬれば 身を浮草の 根を絶えて 誘ふ水あらば 住なんとぞ思ふ」というのは小町の歌ですねと問います。
シテはカゝル謡で、この歌は大江惟章が心変わりした頃、文屋康秀が三河の守(実際は掾)になって下る際に私に誘いの歌を寄越したので、返歌として詠んだ歌で、聞けば涙も流れる悲しさと答え、シオリます。

ワキはこれを聞きとがめ「我が詠みたりしと承る」また「衣通姫の流」ともいい、小町なのではないか。老女は百歳にもなろうというが、小町が生きていればそのような年齢、これは小野小町の果てであろう、隠さないでいただきたい、と謡います。この「げに年月を考ふるに 老女は百に」あたりで再びシテがシオリます。

シテは、外目には現れないようにしていたのだが・・・とワキを見て謡い、地謡の上歌。
「うつろふものは世の中の 人の心の花や見ゆるは はづかしや」とシテは正面に向き直り、謡の章句を聞きつつ「さそふ水あらば今も 住なんとぞ思ふ 恥かしや」と再びワキに向きます。

クリ。打掛の囃子も位が重く柔らかな印象。クリの詞章「げにや褁めども 袖にたまらぬ白玉は・・・」は古今集恋二、安倍清行朝臣「つつめども 袖にたまらぬ 白玉は 人を見ぬめの 涙なりけり」をふまえてのもの。ワキは子方を立たせ、ともにワキ座に下がって着座します。

シテサシから地謡、クセへと続いていきます。梅若玄祥さんを地頭に、地謡が詩情豊かに聞かせますが、このつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです

関寺小町さらにつづき

ここからシテとワキの問答になりますが、思いもよらぬ事を承るものだと答えたシテは、続けて「埋れ木の人知れぬ事となり花薄穂に出すべきにしもあらず・・・」と述べます。
前もって詞章をよくよく読んでおけば良かったのですが、後日、どうもこのシテ・ワキのやり取りが気になり、確認してみると古今集仮名序を下敷きにしたやり取りであることに気付きました。

「今の世中、いろにつき、人のこころ、花になりにけるより、あだなるうた、はかなきことのみいでくれば、いろごのみのいへに、むもれ木の人しれぬこととなりて、まめなるところには、花すすきほにいだすべきことにもあらずなりにたり」を、我が身のことに引き換えて述べ、さらに続く「心を種として言葉の花色香に染まば・・・」も、仮名序冒頭の一文を引いているのは明らかです。

名だたる歌人であった小野小町ですから、仮名序を踏まえた詞章になっているのは、当然のお約束でしょうけれども、この後も、ワキが難波津の歌、安積山の歌をあげ、シテは「この二歌を父母として」と謡い、ワキが「手習ふ人の始めとなりて」と続けて、仮名序にある「この二歌は歌の父母のやうにてぞ手習ふ人のはじめにもしける」を、ふまえてのやり取りになっています。
難波津の歌は仁徳天皇の即位に際しての王仁の作といわれる「難波津に 咲くやこの花 冬ごもり 今は春べと 咲くやこの花」、また安積山の歌は「安積山 影さへ見ゆる 山の井の 浅くは人を 思ふものかは」、こちらは万葉集にある「安積山 影さへ見ゆる 山の井の 浅き心を わが思はなくに」を元にした歌です。

ワキが「都鄙遠国の鄙人や」と謡い、シテは続けて「我等如きの庶人までも」と謡いつつ、ワキの方を向いていたところから一度目付柱の方を見、床几から下りて下居します。
地謡の上歌、浜の真砂は尽きるとも詠む歌は尽きないと謡う謡に、シテはワキに語りかけるようにワキを見、正に戻し、再びワキに向き合います。
さてこのつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです

 | HOME |  次のページ»

カレンダー

« | 2018-02 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad