FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

千鳥 山本東次郎(能楽BASARA)

大蔵流 国立能楽堂 2018.09.24
 シテ 山本東次郎
  酒屋 山本則孝
  主人 若松隆

だいぶん間が開いてしまったのですが、この間、初めて四国松山に行ったり、仙台に行ったりなど、一応出張なのですが割と慌ただしく日々を過ごしておりました。

さて先々月になってしまいましたが、9月は久しぶりに様々な能の会を観た月で、緑泉会の後、九皐会の駒瀬直也さんがプロデュースする会「能楽BASARA」を観に行きました。
この会では冒頭に林望先生の解説があり、続いて山本東次郎さんのシテで千鳥。最後に、観世喜正さんのシテ、駒瀬直也さんのツレで輪蔵という番組でした。

駒瀬さんがプロデュースする会で、ご自分はツレというのも不思議な感じがしたのですが、実際に観てみると「なるほど」と思う一曲でした・・・が、輪蔵の話は後にということで、まずは東次郎さんの千鳥について。

千鳥は、このブログでは10年ほど前に大蔵流茂山逸平さんがシテをされた時と、6年ほど前に和泉流野村萬斎さんがシテをされた時の鑑賞記を載せています。
茂山逸平さんの千鳥(鑑賞記初日月リンク
野村萬斎さんの千鳥(鑑賞記初日月リンク
鑑賞記を確認しながら今回の上演を観ましたが、同じ大蔵流でもあり、茂山逸平さんの時と舞台の進行で特に異なるところはありませんでした。

東次郎さん、お歳を感じさせない元気で明るい、そしてなかなかに賢しい太郎冠者で、たいへん楽しく舞台を拝見しました。則孝さんの酒屋は、すっかり太郎冠者に翻弄されてしまった感じです。
筋立て、舞台上の展開は、以前に茂山逸平さんの太郎冠者で観た時と同じですが、そこはそれ持ち味の違いがあり、やはり全体的には山本家の方がかっしりした印象で、茂山家の方はともかく楽しい狂言だったように思います。

ともかくも、同じとわかっていても面白いのが狂言です。
あらためて粗筋を記載しますが、長くなりそうなので明日につづけます
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
スポンサーサイト

栗焼 野村万作(緑泉会例会)

和泉流 喜多六平太記念能楽堂 2018.09.17
 シテ 野村万作
  アド 石田幸雄

栗焼は4年ほど前に大蔵流山本家、泰太郎さんと則孝さんの鑑賞記を書いていますが、好きな狂言の一つです。何度観ても面白い一曲。
本曲は、大蔵流と和泉流で流儀による違いはあまり大きくありませんで、上演時間もほぼ同じです。なによりもまず、シテ太郎冠者が栗を焼く様、焼き上がった栗をついつい食べきってしまう、そのあたりの演技の面白さが眼目ですが、さすがに万作さんの太郎冠者は面白い。見事な一番でした。

ところで大蔵流では、最初に登場したアド主人が、さる方から重の内を戴いたが太郎冠者に「すいさせよう」と言ってシテを呼び出します。一方で和泉流の本には重の内という言葉が入っていませんで、今回の上演でも「すいさする物がある」と言って太郎冠者に当てさせますが、「重の内」の言葉はありませんでした。
この重の内、重箱に入れた食物の意味ですが、江戸時代後期に書かれた貞丈雑記には、昔は重箱というものはなく、「どごんぞう」という狂言(鈍根草のことでしょう)に「宿坊から重の内が参りました」とあるが、この狂言は室町時代に作られた狂言ではなく、後の世に作られた狂言だろう、と書かれています。注釈として重箱自体は室町時代にもあったが表向きには出てこない物だったともあります。
なるほど、そんなものかと思いますが、「鈍根草」も狂言記には貞丈雑記の通りの表現がありますが、和泉流狂言大成の鈍根草には重の内の言葉ありませんで、この辺りは不思議なところです。

また大蔵流では、太郎冠者が重の内を推量して菓子の類でござろうと饅頭、羊羹などと言い、また果物の類なら梨、柿、葡萄などと推量します。一方、今回の和泉流の形では、源平餅か花せんべい、饅頭の類と推量します。和泉流狂言大成にもこの形で書かれていますが、果物は出てきません。この源平餅と花せんべいですが、現在では源平餅を四国高松の吉岡源平餅本舗が、花せんべいを京都の鶴屋吉信が作っています。ただし吉岡源平餅本舗の創業は江戸末期の文久二年ですし、鶴屋吉信も江戸後期の享和三年の創業ですので、和泉流の太郎冠者が言うお菓子が、この二軒の老舗の物なのかどうか・・・

一曲の冒頭のところの言葉にちょっとこだわってみましたが、それはさておき、本当に面白い一番でした。栗の芽を切っておかなかったので、栗が爆ぜて飛んでしまったと、あわてて火を除けて芽を切り直したり、一つ一つの所作が面白い。
以前、今回アドの石田さんがシテで栗焼をなさったのも観ていますが、何度観ても面白い好きな狂言です。
(26分:当日の上演時間をおおよそで記しておきます)
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです

放下僧をめぐって

舞台の様子は昨日までに記載した通りですが、さてこの放下僧、敵討ちの活劇としても面白く、またシテの芸尽くしが楽しいこともあって、割合良く上演されます。
私自身も「面白い曲」というほどの感じでとらえていましたが、小歌の部分はノリも良く京の名所が様々に読み込まれていることもあって、清水寺見物の際に口ずさんだりしていました。

ですが、今回の中所さんのお知らせから、あらためて委しく見てみると、どうも変なところが沢山ある一曲です。作者は不明ですが、宮増の作というのがもっとも有力な説のようです。宮増は小袖曾我や鞍馬天狗など、数多くの能の作者とされていますが、どういう人物だったのかよく分かりません。室町時代に活躍した能役者ともされるのですが、宮増を名乗る役者は何人もいて、能作者の宮増が誰であるのか決定的なものはありません。
さらには西野春雄さんのように、宮増は宮増グループに属する何世代かの作者達の総称ではないかと唱える学者も出てきて、いよいよもって実態がわかりません。

せいぜいがところ室町時代の作であろうと想像されるところですが、それにしても、舞台の様子を書きながら触れたように、なんだかしっくりしない、不思議なところが少なくない曲でした。
クセの部分も、あらためて読み直してみると、何がテーマなのかよく分かりませんし、冒頭部分の孝行譚も、なんだか無理やり作り込んだような感じです。さらに中所さんの仰るように小歌に隠された意味があるとなると、この曲、なかなか奥の深そうな感じがします。

中所さんは、この敵討ちの能と嘉吉の変をめぐる音阿弥の役割を重ね、演じられたようです。中所さんが数年前に電子書籍として上梓された「能の裏を読んでみた 隠れていた天才」(Amazonから購入できます)に、音阿弥と嘉吉の変との関わりの考察が記されていますが、なかなかに興味深い見解です。

なお、この日の舞台は敵討ちに向かう緊張感と間狂言の笑い、様々な芸尽くし、と盛り沢山で、充実した一番でした。シテはもちろんですが、本曲のツレはなかなかに重い役どころ。中森健之介さんの熱演が印象的でした。
この項、終わり

 | HOME |  次のページ»

カレンダー

« | 2018-11 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad