FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

花月 粟谷能夫(ひたち能と狂言)

喜多流 日立シビックセンター 2006.9.2
 シテ 粟谷能夫、ワキ 宝生欣哉
  アイ 野村扇丞
   大鼓 亀井広忠、小鼓 観世新九郎
   笛 槻宅聡


この花月という曲にはいささか思い入れがあるのですが、それはさておき、この曲は世阿弥の作という説もありますが、少なくとも世阿弥時代、あるいはもう少し古い時代の作なのではないかと思います。
自然居士と同じく、シテが喝食の面を着け芸尽くしをするという設定、また間狂言が極めて重要な役回りをするところなど、後の時代の能とはいささか異質なものを感じます。


さて今回は会場が音楽主体の多目的ホールということで、能楽堂に比べると残響があり、いささか感じが違います。さらに仮設の能舞台ということもあり、見所との距離が大変近い。
私は会場の状況も良くわからないままに、いつもよりもさらに前の方の席を取っていたので、舞台を見上げるような感じになってしまいました。
とは言っても、距離が近い分、いつもよりも臨場感はありまして、それなりに面白く拝見しました。


なんと言っても地謡を粟谷菊生、友枝昭世の両先生が引っ張っていて、それがすぐ目の前というのも豪華。
地謡前列手前は佐々木多門さん。四月の自主公演能では是界のツレを熱演されていましたが、装束無しで拝見するとお若い。しかし謡う姿はきまっておりました。


一同着席の後、次第の囃子でワキ、欣哉さんが登場。
いつもながらスッキリした謡で、次第から道行を謡いました。旅僧姿ですが、筑紫彦山の麓に住む僧で、出家する以前に七歳の子供が行方知れずになり、それを機に出家した旨を明らかにします。
さて清水寺にやってくると、狂言と問答になります。この間狂言の活躍はまた明日に

関連記事
スポンサーサイト



コメント

「花月」は、友枝昭世さんのシテで、野村万作さんがアイで出られて一度拝見したことがありましたが、とても、素晴らしかったことを覚えています。

それは素晴らしい

Arabesquさん こんにちは

友枝昭世さんの花月というのも、ぜひ観てみたいものですね。
そういえば今年は友枝さんの能を観る機会がありません。このまま年末を迎えそうです・・・

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/167-c334e708

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-02 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。