FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

江野島またつづき

早笛で登場した後シテ五頭龍王、今は龍口の明神は、紺地の袷狩衣に朱地の半切、赤頭に大龍戴をいただき、一ノ松に出て「我昔は深澤の池に住んで五頭龍王と現れ 今ハ国土の守護神となる龍口の明神なり」と謡い出します。

地謡が謡い継ぎ、シテは「苔むす松も延べ伏す巌の」で一廻りしてサシ、舞台へと進みます。「峨々たる上にぞ現れたる」と常座に出て開キ、舞働です。
力強い舞働から、シテは常座で開キつつ「神仏水波の隔てなり」と謡い地謡に。

地謡にのってシテは角へ進んで角トリ、左へ廻って大小前から常座へ進んで「辯才天部は威光を現し」の謡に天女に向き、サシて開キ、「共に百千劫の齢を守らんと約諾固き」の謡に腰を下ろして両手を突くと、正面へ向かってガッシして立ち上がり「磯打つ波も龍口の」と七つ拍子。さらに舞台を廻ります。その間に「その時天部は童子を伴い」の謡で天女と童子が立ち上がって舞台を進み、幕へと向かいます。
シテはサシて廻り「とりどり姿を雲中に現し」で両の袖を巻き上げ常座へと進み、繰り返す謡に袖を直しつつ小廻りし、あらためて左の袖を返すと「げにありがたき影向かな」の謡に留拍子を踏んで終曲となりました。

長いは長いのですが、なかなかに面白い一番ではあります。
この作者である観世長俊は、昨日も書いたとおり大社や輪蔵などの曲も書いています。船弁慶や紅葉狩などの作者とされる、観世小次郎信光の子ですから、音阿弥からみると孫にあたります。ものの本によると、音阿弥からさらに時代が下り、信光の時代になると応仁の乱が起こり、上流の武家や公家の後援が受けにくくなったため、地方の興行も多くなり、幽玄よりも華やかなショー的な要素を多くした作風になったとされています。長俊もその作風を受け継いだとされており、本曲もそうした一環と言われると、なるほどと思うところです。
私としては、はやり脇能は高砂のような曲が好きではあるのですが、本曲のような曲もまた能として楽しめると、あらためて感じたところです。
(96分:当日の上演時間をおおよそで記しておきます)
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
スポンサーサイト



 | HOME |  次のページ»

カレンダー

« | 2020-01 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。