能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

浮舟さらにさらにつづき

中入でアイの出。宇治の里に住まいする者ということで長上下にて出ると、型通りにワキに気付き問答となります。ワキは浮舟のことを聞かせてくれるように求め、アイがこれに答えて浮舟の物語を語ります。さらに、ワキ僧に対して小野に赴き浮舟の霊を弔うようにと言って退場します。
これを受けてワキの待謡。ここは上掛と下掛と違うようで、上掛の本では「かくて小野には来たれども…」とワキの台詞があって待謡になり、「所の名さへ小野なれば 草の枕は理や 今宵は此処に経を読み かの御跡を弔ふとかや かの御跡を弔ふとかや」と謡いますが、当日は下掛宝生の工藤さんがワキでしたので、台詞はなく「今もその 世を宇治山の道出でて 世を宇治山の道出でて うつるも迷ふ徒波の 小野の草叢露分けてあはれをかけて弔はん あはれをかけて弔はん」と謡いました。

一声で後シテの出。十寸髪の面に髪を垂らし、白が基調の縫箔に、波に千鳥の模様大口を着けて、一ノ松にて謡い出しです。
法力を頼んで現れたと謡い、「明け暮れ思ひ煩ひて 人みな寝たりしに」と謡いつつゆっくりと幕方を見、「風烈しう川波荒う聞こえしに」と左手を上げ、「知らぬ男の寄り来たりつつ 誘ひ行くと思ひしより」と謡って舞台に向きを変え、イロエで舞台に入って一廻りしてから「心も空に成り果てて 逢ふさきるさの事もなく」と謡います。

常の形では「心も空になりはてて」まで謡ってカケリになりますが、彩色の小書で、ここの形が変わっています。
地謡「俄の気色も浅ましや」で扇を上げ、続けて謡いつつ四足ほど出るとサシて右に回り大小前「この浮舟ぞ 寄る辺知られぬ」と左の手で右に下がった鬘を取ります。開いて拍子を踏み、サシ込みから「明けては出づる日の影を」と雲扇。
角へと出て扇カザシ、左に回って正中からワキに向いて開キ。
「頼みしままの観音の慈悲」と謡って四拍子。舞台を廻りつつ舞い、横川の僧都の弔いに「思ひのままに執心晴れて」とユウケン、橋掛りに入って一ノ松にてサシて三ノ松まで進み、「杉の嵐や残るらん」と留拍子を踏んで終曲となりました。
(77分:当日の上演時間をおおよそで記しておきます)
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
スポンサーサイト

 | HOME |  次のページ»

カレンダー

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad