FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

樋の酒 山本則秀(三人の会)

大藏流 国立能楽堂 2020.03.22
 太郎冠者 山本則秀、次郎冠者 茂山逸平
  主 山本則重

樋の酒は、以前にも書いた通り和泉流では現行曲としていますが、大蔵流では「上演することもある」という程度で、私がざっと調べた限りでは、山本家と茂山千五郎家が時折上演している様子です。
その山本家の則秀さん則重さんと、茂山千五郎家からは逸平さんとのコラボ。こういう家を超えての共演も珍しいところですが、かっしりした山本家の芸風に逸平さんが加わると実に面白い。なんだか新しい酒が醸されるような、面白さを感じました。

以前にも書いたように、和泉流の樋の酒では、主人は二人の使用人にそれぞれ酒蔵と米蔵の番を命じますが、大藏流では主人が二人を米蔵と酒蔵に別々に閉じ込めて出かけてしまいます。しかも主人は次郎冠者が下戸だと思い込んでいて酒蔵に閉じ込めるのですが、実は次郎冠者は大酒飲みという設定です。その、実は酒が大好きな次郎冠者を逸平さんが、くだけた様子で演じ、山本家の二人のかっしりした感じの演技との対比がたいへん面白く感じられたわけです。

主人のとっておきの酒を勝手に次郎冠者が呑み始め、太郎冠者には米蔵と酒蔵の間に樋を渡して酒を送ります。それぞれが、それぞれの蔵の中で声を頼りに盛り上がり、謡を謡い舞を舞うという形。和泉流では米蔵を預かった太郎冠者が持ち場を離れ、二人が酒蔵で酒盛りをしますが、最後まで別々の蔵で、二人一緒に七つ子を謡い舞いするなどの大藏流の設定もなかなかに面白いものです。

ブログでは何度か樋の酒を取り上げていますので、筋などはご参照いただくとして、実に面白い一番だったと記しておきたいと思います。
   和泉流 野村万作さんの樋の酒 鑑賞記初日
   和泉流 三宅右近さんの樋の酒 鑑賞記初日
   大藏流 山本東次郎さんの樋の酒 鑑賞記初日
(20分:当日の上演時間をおおよそで記しておきます)
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
スポンサーサイト



 | HOME |  次のページ»

カレンダー

« | 2020-10 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。