FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

久し振りにひとこと

ほとんどが能楽堂へ行くのは初めてという皆さんと、近々、観世能楽堂に行くことになっています。せっかくの機会に、何が何だかわからない・・・でも残念なので、解説のようなモノを作ってみましょうと、請け負ったのが昨年の末。結局、一月の半ばまで、格闘することになりました。

というわけで、鑑賞記はもちろん、毎年大晦日に書いていたひと言も、すべて飛ばしました。
そうこうするうちに、はや立春。
例年にない厳しい寒さ続きで「春」を感じるところでもありませんが、ここが寒さの底ということで、これから新春を楽しむつもりで日々を過ごしていこうと思っています。

さて昨年は、「座・SQUARE」の第20回記念公演まで鑑賞記を書きましたが、その後も年末までに何度か観能に出かけています。
観世流のみが現行曲としながらも滅多に上演されない「身延」、そして最高の秘曲とも言われる「関寺小町」、「桧垣」と観ています。
メモは残していますので、明日からまた、少しずつ舞台の様子など、書いておこうと思います。
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
スポンサーサイト

 | HOME |  次のページ»

カレンダー

« | 2018-08 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad