FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

能狂言の楽しみ

昨年12月の桧垣の鑑賞記を書いて以来、しばらくブログを更新できないでおりましたが、その後も月に一度程度は能楽堂に足を運んでいます。

12月の金春円満井会特別公演は、桧垣のあと、狂言「昆布売」と、半能「石橋」がありました。石橋は群勢の小書が付いて賑やかな舞台を拝見しています。しばらく前に、当時は宗家だった金春安明さんのシテで群勢の丸能…以前にも書きましたが、金春の能楽師さん達は半能でない、前後の演能を丸能と読んでおられるとか…がテレビで放映されましたが、これとの比較もまた一興でした。

1月は慌ただしく能楽堂には行けずに過ぎてしまいましたが、2月には平日に観世流荒磯能を。気になっている能楽師、坂口貴信さんの歌占を観ることができました。会社のイベントを無理やり能楽鑑賞にしての鑑賞だったのですが、初めて能を観た方から[歌占の主役の人、なんかスゴいですネ]という感想をいただきました。

3は九皐会。喜之先生の花月と中所さんの雲林院。喜之先生が花月ですか!?、と正直のところ驚いたのですが、これはさすがの舞台でした。雲林院、舞姿がとてもきれいで、男の序ノ舞というのを初めて楽しんで観たような気がします。

そして4月は先週15日に花影会。今回から4月は翁付での上演ということで、翁付淡路、目近、さらに石橋、師資十二段式の小書付。様々に見応えある会でしたが、個人的には三番叟の山本凛太郎さん…第47回式能で喜多六平太さんが久しぶりの舞台で翁をされた際に、千歳を披かれたのを観て感激してから11年。三番三を拝見して、時の流れ、役者としての成長をしみじみと感じました。

というわけで、また書いておきたいことも溜まってきましたので、少しずつブログの更新を心がけていこうかと思っています。
スポンサーサイト

 | HOME |  次のページ»

カレンダー

« | 2018-10 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad