FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

ウィルスとの日常

新型コロナウィルスことCOVID-19をめぐって様々な動きが続いています。能楽も公演が軒並み中止や延期になり、いつになったら再開されるか難しい状況の様子です。
ウィルスについて語るほどの知見は持ち合わせておりませんが、まずは三つの密を避けることが大事とか。皆様もお体大事にされ無事にウィルス禍の終息を迎えられることをお祈りいたします。

さて昨年大晦日のブログには、公演を観たものの未だ鑑賞記を書いていないものとして、9月の代々木果迢会公演での浅見慈一さんの「融 十三段之舞」。11月は、能を知る会横浜公演での中森貫太さんの「江野島」と、MUGEN∞能での、林宗一郎さんの「屋島 弓流」、茂山逸平さんと野村太一郎さんの「二人袴」、そして坂口貴信さんの「善界 白頭」。12月には下掛宝生流能の会で稀曲「羅生門」。そして10月の公演が台風のために延期となった九皐会の年末公演で、駒瀬直也さんの「大社」と長山耕三さんの「通小町」をあげました。

このうち江野島の鑑賞記までを1月に書いたのですが、その後は再び更新を止めていました。昨年末にも書いた通り、資格試験を二つほど受験しようとしたことが更新を中止した大きな理由ですが、片方の試験は1月に受験し、おかげさまで合格しました。6月に予定されていたもう一つの試験は、COVID-19の影響で中止となり次回は秋になる見込みです。
次回の試験、準備万端という訳ではありませんが、試験まで時間が出来てしまい、緊張感が緩んだ感じです。また仕事上でもお客さまの訪問などが難しく、対外的な会合もみな中止になってしまったため、日常に少しばかり余裕が出て来ました。
そんなわけで、また少しずつ鑑賞記を書いていこうかと思っています。

なお、今年に入ってからは試験対応で1、2月は観能の予定を入れなかったのですが、3月に「能を知る会の横浜公演」と「三人の会」を観ることが出来ました。ウィルスをめぐって「自粛」の動きが強まる中で開催が危ぶまれたところですが、なんとかこの二つの会は開催されました。
能楽ですから、見所はシーンと静まって「密」には遠い状況でしたが、それでも三人の会が開催された3月22日頃は東京でのほとんどの公演が中止ないし延期になっていて、おそらく3月25日の青山能を最後として、少なくとも5月の連休明けまで能楽の公演予定はありません。
寂しい限りですが、伝染の終息のためにはやむを得ないことと思います。
という訳で、明日から「MUGEN∞能 五周年記念の会」の番組から、舞台の様子を書いていこうと思います。
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
スポンサーサイト



 | HOME |  次のページ»

カレンダー

« | 2020-07 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。