FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

観阿弥の能・・・さらにつづき

自然居士と同様に、ほぼ同時代の有名人を主人公に仕立てるという意味では「百万」も曲舞の名手という女性を登場させています。
「百万」という能自体は世阿弥の作とされていますが、観阿弥が得意としていた「嵯峨の大念仏の女物狂」をもとに改作されたというのが通説です。



観阿弥の能について何日も書いていますが、実は私なりのこだわりがあります。
世阿弥があまりにも巨大で、能の大成者としても別格なために、能とは世阿弥の能のように幽玄の味わいのある夢幻能が本来の姿という、どうもそういう説明がされがちな感じがするからなのです。



もちろんそうした能が素晴らしいものであることは間違いありませんが、世阿弥より前の時代にも、また世阿弥より後の時代にも、別な系譜の能は成り立っている訳です。
例えば生没年は不詳ですが、世阿弥以降の時代の人といわれる能作者の宮増が作った能では、脇能でも荒々しい神が登場し豪快な舞を舞ったりします。
いやむしろ脇能の様々な曲の中で、高砂や弓八幡など閑雅な雰囲気のある曲は、どれも世阿弥の作ったもので、世阿弥以外の作者による脇能は宮増の作ったような曲趣が普通だとも言えます。・・・私自身は前にも書きましたが、脇能としては高砂などの曲趣の方が好きですが・・・



いずれにしても、世阿弥以降に能が現在のような形に大成していく以前の時代、様々な芸能を取り込みながら、能をまとめ上げていった観阿弥の事績を思うと、いささか感慨深いものがあります。

スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

« | 2006-05 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。