FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

田村(白式) 本田光洋(金春会定期能)

金春流 国立能楽堂 2006.5.7
 シテ 本田光洋、ワキ 宝生閑
  アイ 大藏吉次郎
   大鼓 亀井広忠、小鼓 幸清次郎
   笛 松田弘之



本田光洋師の能は、まず何を観ても外れがない・・・と思います。
この日も満足。



さて田村の白式ですが、これは下掛り・・・金春と金剛にある小書きのようですね。さらに喜多流では「白田村」と曲名そのものを替えてしまうようですが、どうも形は金春の白式に近いらしいです。
余談ですが、喜多の場合「白式」の小書きではなく「白○○」と曲名を替えてしまう例が他にもあるようですし、野守には「青野守」という演出もあるようですね。



白式の小書きが付いたために、前シテの装束は白の水衣の童子姿。
金剛の白式では喝食面に喝食鬘らしいのですが、観たことがないのでなんとも言えません。まあ、前シテを童子とするのか、喝食とするのかは、神か仏かの違いでどちらを強調したいかというシテの好み問題・・・という説もありますので、もしかしたら裁量の範囲なのかもしれません。



まずは東国方より出でたる僧であるワキの一行が登場し、清水寺に向かう由を述べます。宝生閑師のワキに、大日向さんと野口さんのワキツレ、良い感じの謡です。
折しも清水寺は春の花盛り、やがて一声の囃子にひかれるように前シテ童子が姿を現します。



童子は坂上田村麿の御願によるという清水寺の来歴を語り、さらに僧の求めに応じて名所を教えます。
まずは南の中山清閑寺から今熊野まで、舞台中央から橋掛り、遠く揚幕の方を見やる風情。次に北に鷲尾寺とワキ柱の方を見やります。「や、御覧候へ」と音羽山に上る月を見上げ「春宵一刻値千金」と謡います。このあたりは風情あるところで、上る月にふと気付いた感じが「や、」の一言に込められていました。



そしてクセの舞からロンギを経て中入。
中入では橋掛りまで進んで「月のむら戸を押し開けて」と扇で戸を開く形から「内陣に入らせ給いけり」と揚幕に入ります。
・・・続きは明日に・・・

スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

« | 2006-05 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。