FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

羽衣 蓮元早苗(東京金剛会普及能)

金剛流 国立能楽堂 2006.5.20
 シテ 蓮元早苗、ワキ 野口能弘
   大鼓 高野彰、小鼓 幸信吾
   太鼓 徳田宗久、笛 寺井宏明



羽衣は先日の喜多流自主公演能で舞込の小書き付を観て、このブログにも観能記を書きましたが、金剛流では初めてです。



正直のところ、あまり女性がシテをされる能は観ていません。別に女性が良いの悪いのということではなく、男女差別をするつもりもないのですが、たまたま何度も繰り返して観たいと思う程に「いいなあ」と思った女性がいなかったというだけのことではあります。
とは言え、一般的に女性がシテが女性である能を舞うのは、男性の能楽師よりも難しいように思うのですが、蓮元さんの羽衣は割合さらっとした演技で、好感を持ちました。



ワキ、ワキツレが登場し、一声からサシ、下歌、上歌と謡って、ワキの詞になりますが、野口能弘さんの若々しい白竜で小気味よく始まった感じ。
ワキの「古き人にも見せ」で「お幕」の声が聞こえ、シテの呼掛。シテの謡も重すぎず良い具合。ただし、さすがにキーが高いので、シテワキ同吟のところでは、いささかワキが苦しそうな感じでしたか。



曲全体の流れは、ポピュラーな曲ですし前回の記録もありますので繰り返しませんが、全般に重すぎず、テンポもあって楽しめました。
衣を返す、返さないの問答のところでは、シテの「こなたへ給わり候らへ」と気を入れてワキに迫った感じに対して、ワキの「しばらく」で軽く二足下がり、気を変えたのが雰囲気としても伝わってきて面白く感じました。



金剛流の序ノ舞というのはたぶん初めてですが、型が多いのかそれとも、個々の型がちょっとずつ動きが複雑なのか、動きが多いなあという印象を持ちました。が、この話は采女との対比で、明日以降にまた・・・

スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

« | 2006-05 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。