FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

小督 清水寛二(銕仙会定期公演)

観世流 宝生能楽堂 2006.6.9
 シテ 清水寛二、ツレ 西村高夫、トモ 浅見慈一
  ワキ 村瀬純、アイ 竹山悠樹
   大鼓 亀井広忠、小鼓 幸正昭
   笛 槻宅聡



能の曲名というのはちょっと不思議で、小督というからには小督の局がシテなのかと思いきや、シテは姿を隠した小督を探しに行く源仲国。小督はツレで登場します。研究したわけでもないので良くわかりませんが、こうした曲名の付け方にも案外、日本人の美意識が潜んでいるのかもしれませんね。



この曲、ベースは平家物語の小督の巻。清盛の威光を恐れて失踪した小督の局を想い、高倉院の嘆きは深く、勅使を弾正大弼である源仲国に使わして小督を捜させるというのが発端です。
ワキの勅使が名宣リ笛で登場し、舞台に入って常座で名宣リます。(観世の文字使いに従って「名宣リ」と書いていますが、名乗り、名ノリとの表記も同じです)



村瀬純さんのワキは、大柄な方でもありまさに勅使向きの堂々とした雰囲気です。しかし常々想うのですが、村瀬さんの謡の声には、モンゴルのホーミーとは言いませんが、どうも倍音が複雑に含まれているような不思議な感じがあります。あれはおそらく生来のもので真似できないと思うのですが、聴いていてなかなか味わいがありますね。



さて常座での名宣リの後、橋掛りに進んで幕内に呼び掛けます。揚幕が上がってシテの出「誰にてわたり候ぞ」と問いますが、勅使の「これは宣旨にて候」の声にすかさず座して畏まります。この辺りは細かいところですが、なかなか面白い。



シテ清水寛二さん、風格があって直面が良い雰囲気です。茶の単衣狩衣に水色系の大口、翁烏帽子を着けての登場でした。観世流大成版謡本の装束附には風折烏帽子とありますが、翁烏帽子もよく使われるようですね。



ワキとの問答から地の上歌となり、シテワキが入れ替わってワキはそのまま退場。シテは常座まで進んで「急ぐ心の行方かな」と、立出でる風情を見せて中入りとなります。
ここで中入りというのも妙なバランス。シテが中入りしているので、ここまでが前場で後が後場ということになりますが、この能全体は場面展開が四つの部分に分かれているような印象を受けます。
というわけで、今日はこの中入りまで・・・つづきは明日に

スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

« | 2006-06 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。