FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

玄象 窕 梅若六郎(観世会定期能)

観世流 観世能楽堂 2006.8.6
 シテ 梅若六郎、ツレ 藤波重孝
     浅見重好、関根知孝
  ワキ 殿田謙吉、アイ 大藏千太郎
   大鼓 亀井忠雄、小鼓 幸清次郎
   太鼓 小寺佐七、笛 杉市和


玄象(ゲンジョウ)は琵琶の名器の名前。観世以外の各流では絃上と書きます。
まず次第の囃子で、ツレの師長とワキの従臣、従者が登場します。
師長は太政大臣の職にありますが、天下に名高い琵琶の名手であり、自らに並ぶほどの琵琶の弾き手はないことから、唐土に渡ることを思い立ち、道すがら名所の月を眺めようと須磨の浦に着いたところです。
この経緯を述べて、ツレ、ワキの一行はワキ座に着します。


すると前シテの尉と姥が連れ立って登場してきます。
この二人、汐汲みの老夫婦なのですが、能の通例としていかにも怪しい老人です。
あたりの景色など眺めた後、塩屋に帰り休もうと、二人ともに大小前に据えられた大藁屋に入ります。


玄象は藁屋を出さないのが常の形だったと思いますが、この後の展開を考えると藁屋がある方がわかりやすいことは間違いありませんね。
ワキはこの塩屋の内に師長の身分を明かして一夜の宿を乞います。


シテの夫婦は宿を貸すことに同意しますが、いつぞや師長が神泉苑で琵琶の秘曲を弾いた折に、大雨が降って以来、雨の大臣と呼ばれていることをあげて、ぜひここで琵琶を弾いてくれるように頼みます。
それを受け、ワキの勧めもあって師長が琵琶を弾くと、にわかの雨。雨が管弦の障りになると、師長は琵琶を弾くのをやめてしまいます。


・・・さてつづきは明日にまた

スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

« | 2006-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。