FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

観世流 研究会を観る

今日は東京に出張しまして、帰りに渋谷の観世能楽堂に寄って研究会を観てきました。
能が二番と狂言一番、それに仕舞三番の構成ですが、とても充実した会でした。


能は関根祥人さんの巻絹と武田尚浩さんの善知鳥。
狂言は萬斎さんの腰祈です。


巻絹は神楽留の小書き付きですが、上手いなあ・・・
久しぶりに能を観ていて泣きそうになってしまった。
まあ、巻絹にはいささか思い入れがあるので、私としても仕方ない部分もあるのですが、それにつけても今年2月の巴といい、関根祥人さんの能には魅せられてしまいます。


それと武田さんの善知鳥。
これもなあ、好きな曲なんですが、やっぱりそれを超える何かがある感じでした。
先だっての千手のツレを観て、武田さんの能を一度観てみたいものだと思っていたのですが、思いのほか早くに機会が巡ってきました。
しかも、期待を外さない善知鳥。


萬斎さんの腰祈、萬斎さんのシテで狂言を観るのは本当に久しぶりなのですが、なかなかの熱演。この曲は初めて観ましたが、面白い狂言です。


いずれ、円満井会の観能記を書き終えたら、おのおのの曲について感想を書いてみたいと思っています。


ともかく、附祝言までキチンと聞いて、ホンの少し前にようやく家にたどり着いたところですので、本日は円満井会観能記の続きはお休みです。


また明日に・・・

スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

« | 2006-09 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。