FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

巻絹のつづき

ツレの男は案内を乞い巻絹を献上しますが、ワキは遅参を責めてアイにツレを縛り上げさせてしまいます。
「その身の科は免れじと」の地謡の一句の後、打切の手の間に、ワキがアイに呼び掛けてツレを縛り上げさせます。森さんが歯切れ良く「如何に誰かある」と問い、アイの石田さんの素早い受け答えが小気味よい感じです。

そしてシテの出になります。
小書きというのは特殊演出で、例えば熊野の村雨留なら、中ノ舞の途中で急に雨が降ってきた様子に舞を切り上げてしまうといった形です。今回の小書き神楽留も、神楽に関しての小書きですが、実は小書きが付くと装束も変化することが少なくありません。
巻絹の常の装束は白の水衣に緋の大口、前折烏帽子に手には御幣を持つという形です。白い衣に赤い袴ですから、まさに神社の巫女さんの姿を模した形ですね。
これが神楽留の小書きによって、唐織りを腰巻の形に着け、白の長絹に烏帽子も風折烏帽子・・・小立烏帽子のような感じもしたのですが、さらに手には木綿を付けた梅の枝を持って登場します。
冬梅の咲く音無の天神を象徴してかと思いますが、大変風情のある装束ですね。

シテは「なうなう」とワキに呼び掛けながら橋掛りを進みます。縛られている男は、音無の天神に参詣し歌を手向けた者であるので、縄を解くようにと求める訳です。
シテは音無天神の巫女ということなのでしょうが、不思議の神通力を持っているようで、男が心中に手向けた歌を知っているという設定です。このため、男が上の句を詠むと、直ちに下の句を付け、「とくとく免し給えや」と縄を解いてしまいます。
この型がとてもキレイでした。関根祥人さんの能は、これまであまり観てはいませんが、実に型が美しいと思います。

さてワキもこの様子に納得せざるを得なくなります。
この後、和歌の徳を巡って、クリ・サシ・クセとシテの謡、舞が進んでいくことになります。
複式能ではないので、シテが登場するまでが短い分、シテが登場してからがこの舞クセを中心に和歌の徳をたたえる部分と、神楽を中心とした神懸かり部分の二つを使って、二つのテーマを見せるような構成になっていますね。
さて神楽からは明日につづきます。
スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

« | 2006-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。