FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

謀生種 高野和憲(五雲会)

和泉流 宝生能楽堂 2006.10.14
 シテ 高野和憲、アド 野村万之介


謀生種(ホウジョウノタネ)と読みます。
謀生というのは嘘のことで法定と書いたりもします。「嘘のタネ」と、簡単に言ってしまうとそういう曲名ですね。
鱸包丁では、この謀生を包丁に掛けてさらに曲名でも遊んでいる感じで、包丁捌きの仕方話もあり、謀生を扱った狂言としてはこちらの鱸包丁の方が奥深い感じです。


しかしこの謀生種も簡単な構成ながら、狂言らしい狂言と言ったらよいのか、良く民話にある嘘比べを狂言にしたような素朴な味わいがあり、捨てがたいなあ、と思います。


シテは嘘つきの伯父を持った甥。いつも伯父の嘘に負けてしまうので、なんとか一泡吹かせたいと、嘘を考えて伯父を騙しにいこうという算段です。
一方、アドはこの伯父。


若さからくる勢いの甥と、年を経たことからくるのか一枚上手の伯父。この対比を高野さんと万之介さんの組み合わせで、面白く拝見しました。


狂言の筋を読んでも仕方ない。実際に見れば一目瞭然・・・の部分もありますが、嘘比べの一つの形として明日はこの狂言の展開を書いてみようと思っています。

スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

« | 2006-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。