FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

酢薑 竹山悠樹(五雲会)

和泉流 宝生能楽堂 2006.10.14
 シテ 竹山悠樹、アド 月崎晴夫


酢薑というのは上演回数の多い曲で、この曲の鑑賞記ももう何度書いたか・・・という感じがしているのですが、この「能の花 狂言の花」のブログではまだ初めてなんですね。我ながらちょっとビックリです。


さて話はまずアドの薑(ハジカミ)売りが登場するところから始まります。
この薑、現在では生薑・生姜のことですが、古くは山椒もハジカミと言ったらしく、山椒を「ナルハジカミ」生姜を「クレノハジカミ」といった呼び分けもあったそうです。
この狂言の薑売りも、古い時代にはどうも山椒の皮を売っていた商人のことだったようなのですが、最近の解説では生姜売りとされているのが多いですね。


この登場した薑売りは、ひとしきり舞台を回るとワキ座あたりに座して休みます。
すると代わってシテの酢売りが登場してきます。この酢売りが売り歩く声に、薑売りが待ったを掛けます。
自分に許しがなく商売することはならない・・・という話。
なぜかとシテが問うと「からく天皇の御時に・・・」という系図の話を始めます。この天皇の時に自分の家の祖先が宮中に呼ばれ、商いの司を許されたという訳です。
しかも「唐門をからりと通り過ぎ」とか「唐紙障子をからからと」など、薑の辛いに寄せて「から」の付く言葉を様々に織り込んでの話。


これに対してシテの酢売りも「推古天皇の御時に・・・」とこちらも系図の話を始めますが、薑売りの「から」に対してこちらは「す」の付く言葉を様々に織り込みます。


前々から「推古天皇」は良いとして、薑売りの言う「からく天皇(からこ天皇とも)」はないよなあ、などと思っていたのですが、この曲、大変親しまれているからなのか、演出のバリエーションもたくさんあるようで、酢売りが「からこ天皇はあるまい」と突っ込みを入れる場合もあるそうです。
月崎さんの薑売り、実に良い感じに受け答えが進みます。
さてこの二人の物売りがどうなるか、これは明日に続きます

スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

« | 2006-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。