FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

長範の幽霊・・・熊坂さらにつづき

シテの中入りに代わってアイが舞台に出て語ります。
赤坂の宿の者という設定で、このアイの語りで熊坂長範の名が出、その事績が語られます。そしてアイは長範への供養を勧めて下がります。


ワキが長範の供養をしていると後シテの出になります。
面は長霊ベシミでしょうか、半切に法被、頭巾を着けた重装備姿。これが大柄な高橋さんにやけにピッタリ合った感じで、迫力があります。


登場した後シテは橋掛りを進み、一ノ松で謡い、型を決めます。
さらに舞台に進み常座でワキに向かいます。
長範らしく長刀を持っての登場。


さらに舞台中央に進み、正中で床几に掛けて、ワキの問いに答える形で、吉次一行を襲った様を語り出します。
話が進むにつれ、床几に掛けたままの足拍子から、さらにシテは立ち上がって牛若丸との戦いの仕方話を進めます。


まあこの熊坂の最大の見せ場はこのあたりということでしょうね。
繰り返しになりますが、なかなかに迫力のあるシテ。宝生らしく、跳んだり跳ねたりというところはありませんが、面白く拝見しました。
最後は力も弱り「松陰にこそ隠れけれ」と留めの拍子を踏んで終わります。

スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

« | 2006-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。