FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

舞金剛・・・杜若のつづき

増減拍子の小書きは、クセの「一度は栄え。一度は衰ふる」のところで、「栄える」という陽の言葉が入った句「ひとたびは栄え」で陰の拍子を、「ひとたびは衰ふる」の陰の句で陽の拍子を踏むという小書きです。
いくらなんでもこれだけではありませんで、さらに序ノ舞が盤渉調に変わり、イロエの位置も常のクセの前ではなく、序ノ舞の後「昔男の名を留めし」のところに入る形に変わります。
さらにイロエからシテは橋掛りに入り、勾欄越しに杜若を見回す型が入ります。


序ノ舞が盤渉調になったり、イロエの位置が変わったりする演出は、観世や宝生の小書きにもあります。
杜若の面白さを引き出そうとして、各流ともに様々に試みが行われたのでしょうけれども、序ノ舞を盤渉にしたり、イロエを変化させるという形が、多くの支持を得たということなのでしょう。


確かにこの日も、私自身、序ノ舞が初段に入り盤渉調に調子が上がった辺りから、舞に引き込まれまして、最後まで面白く拝見することができました。
永謹さんの舞は、大柄な方だけにゆったりと大振りな感じで、舞金剛の名に値する雰囲気を醸し出しています。
昨年拝見した通小町とは、また全く違った雰囲気で楽しむことが出来ました。


杜若も存外悪くないな・・・と、だんだん思うようになってきています。

スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

« | 2006-11 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。