FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

張良のつづき

語り終えたワキは道行を謡い、土橋に至ります。
すると夢の老人、シテが呼び掛けながら登場してきます。
せっかくやってきた張良に、自分は早くから来て待っていたと語り、張良が遅参したので、さらに五日後の再会を約して、怒りを見せて姿を消します。


張良というとワキの重い曲ということで、今まではついついワキにばかり目がいってしまっていたのですが、この日の渡邊さんのシテは宝生らしい重厚な感じが出ていて、この曲のシテもなかなか面白いと思った次第。
それはさておき、シテは橋掛りから舞台には入らず、そのまま中入りになります。
短い前場ですが緊張感がありますね。


ワキはシテが中入りする姿を立って見送った後、五日後にまた来るとして、ワキには珍しい仕舞のような型を見せ、早鼓で中入りします。
ワキが幕に入ると代わって、アイの張良の家人が登場してきます。
いわゆる立ちシャベリの語りアイですが、張良の見た夢からの一連の話をダイジェストして整理する形ですね。


さてアイが退場した後、作り物の一畳台が大小前に出されてきます。これが土橋という設定ですね。
そして、一声の囃子で後ワキの登場になります。


土橋を見ると霜が降りたままなので、まだ誰も来ていない、と喜びを示してワキ座に着します。ワキの重い習いの曲だけあって、喜びを示すユウケンの型などもあり、常の曲のワキとはだいぶん雰囲気が違います。


さてワキが座に落ち着くと後シテの出になりますが、怪しい老人が今度は鷲鼻悪尉の面を着け唐団扇を持ったいかめしい姿になります。懐中には巻物を忍ばせていますが、これが兵法の書ということですね。
重々しく登場して一畳台上の床几に腰を下ろします。
ワキの張良は畏まって、黄石公に敬意を表します。
さてこのつづきはまた明日に

スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

« | 2006-11 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。