FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

山姥さらにつづき

前シテは宿を貸そうと呼び掛けで登場し、真の山姥の話をして姿を消すわけですが、宝生らしいしっかりとした芸風。
後シテは山姥の姿になり登場しますが、猛々しい雰囲気ではなく、品格のある雰囲気を漂わせていて、怨みで鬼になったわけではなく、超自然的な存在であることを大事にした印象を受けました。


一ノ松で一声を謡い、アシライの囃子に乗って舞台に入って常座からワキ正へと進みます。
ツレは軽めの謡でシテとの対比を出しながら応対がつづきます。
常の型であれば、この後「よしあしびきの山姥が山廻りするぞ苦しき」で、シテは持っていた鹿背杖を扇に持ち替えますが、杖之型の小書のため、ここでは扇に持ち替えず鹿背杖のままクリ、サシ、クセと進みます。


「それ山といっぱ・・・」のクリで正中に進んで床几に腰を下ろします。


クセの「上求菩提をあらはし無明谷深きよそほひは。下化衆生を表して金輪際に及べり」の一節、「下化衆生を」と扇をもって下を差し、金輪際まで貫く風を見せる型が重要なところですが、ここを鹿背杖を持ったままどう演じるのか、興味深く観ていましたところ、髪をつかんで下を見下ろす型。これまた風情があります。


杖之型では終曲まで杖のまま舞う場合もあるのだそうですが、この日はクセの途中「またある時は織姫の」で扇に持ち替えます。
さらに立廻りの前、シテ「あしびきの」地「山廻り」で再び鹿背杖に持ち替えて立廻りを舞う形。
常の型では立廻りは扇で舞い、舞い上げたあと杖に持ち替えますから、ここも変化のあるところですね。


とにもかくにも体調不十分だったため、いまひとつ深いところが感じられず、形の違いを追いかけただけになってしまった感じです。
次回の観能は体調にも留意して、行ってみようと反省しきり。
(95分:当日の上演時間を5分単位程度で記しておきます)

スポンサーサイト

 | HOME | 

カレンダー

« | 2006-12 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad