FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

熊野のつづき

まずは名ノリ笛でワキが登場してきます。
「これは平の宗盛なり」とまず名乗りますが、これを聞くとついつい吾輩は猫であるを思い出してしまいます。
猫が厄介になっている苦沙弥先生は謡を習っていて、後架で謡をうなり後架先生と渾名されても一向平気で「これは平の宗盛にて候」を繰返していると書かれています。
実は夏目漱石は下掛り宝生の宝生新に謡を習っていたこともあって、このワキの謡の話が出てきたのだろうと思います。


この日のワキ村瀬提さんは福王流なので詞がいささか違いますが、ともかく名ノリを終えたワキはワキツレの太刀持ちを呼び出して、熊野を花見に伴うようにと命じます。


さて、代わって次第の囃子でツレ朝顔が登場してきます。布由樹さんの朝顔、どうだろうかと思っていたのですが、声量もあるので堂々としたツレ。謡は大分稽古されたような感じを受けました。
朝顔は遠江から熊野を迎えに来たのですが、常座で名乗った後に橋掛りに戻り幕に向かって案内を乞います。


シテ熊野はこの案内に応えて登場してきますが、三ノ松に止まりここで老母を案ずる心持を謡います。いやこの謡、まいりました。正面席までハッキリと一語一語が伝わってくるだけでなく、その謡にのせた思いの深さがしみ込んでくる感じです。
この後ツレから手紙を受け取り、黙読した後にツレを伴って舞台に入り、呼びかけるのですが、これにワキツレが応えてワキに取り次ぎます。


シテは手紙を見せ、ワキは共に読もうと声を掛けて、まず二句ほどをワキが読みその後はシテとの同吟になります。このあたりを文ノ段と言いますが、上掛りではここはシテの独吟になるところ。
いずれにしても聞かせどころですが、文を見せたのにもかかわらず宗盛は熊野の帰参を許しません。花見に伴うと譲らずに「牛飼車寄せよとて」と車を寄せる謡になり、後見が花見車の作り物を出してきます。


一同は車に乗った風で、清水へ向かうわけですが、この間の謡、宗盛の邸から清水までの風物を謡いながら、また同時に熊野の心中も聞かせるという趣向。味わい深い場面が展開します。
このつづきはまた明日に

熊野さらにつづき

車は花の下に着き、一同は車を降りた形で、シテは正面を向いて座り、ワキはワキ座へ着します。
さて花見の宴となるわけですが、クリ、サシ、クセと清水寺あたりの風物、花の盛りを謡いながらも、病気の母に思いを寄せての形を見せ、趣き深い場面。
クセは前半は座したまま、上げ羽で立って舞いだします。


扇で酒を酌む所作がありワキに酒を勧めると、ワキは一指し舞えとシテに命じ、中ノ舞に入ります。


古来、この熊野の中ノ舞は短めに舞うということのようで、三段ノ舞という小書きも各流にあります。とは言え、五段で舞うのが普通だった昔と違って、現在では中ノ舞も三段で舞うのが普通ですから、三段にしただけでは常と同じになってしまいます。
確か宝生の三段之舞では初段の上げ扇の後は常座に下がって下居、シオル型になっていたと思いますが、何かしら型の工夫があるようです。
観世の村雨留だと、急に雨が降ってきたと二段で舞い上げてしまいますが、熊野の心持ちから、とても舞を舞っているところではない、ということなのでしょうね。


この日は小書が付きませんでしたので、そうした変化はありませんでしたが、舞の後に扇を左手に差しだし、降り出した雨とともに散り来る花びらを受ける風情、これは趣深い型でした。さらにシテは短冊を出し、扇を筆にして和歌をしたためてワキに差し出します。
このときに膝行する小書きもありますが、いずれにしてもこの短冊ノ段も見せ場の一つ。
短冊を受け取ったワキは熊野に暇を許し、熊野はめでたく遠江へ向けて帰ることになるという次第。シテは逸る心で橋掛りへと進み、一ノ松で足拍子の後に舞台へ戻って常座で留めの拍子を踏みました。


たしかに何度見ても飽きませんねえ
(90分:当日の上演時間を5分単位程度で記しておきます)

«前のページ;  | HOME | 

カレンダー

« | 2007-01 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。