FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

経政のつづき

まずワキの僧都行慶が名宣リ笛で登場します。
宝生能楽堂のホームページで見た番組ではワキは鏑木岑男さんになっていたのですが、当日の番組では安田登さん。鏑木さんの体調はいかがなのでしょうか。今となっては一昨年、平成17年11月の五雲会でお見かけした時は立ち居振る舞いがいささか大変そうな感を受けましたが・・・


さてワキは常座で、守覚法親王の命によって管弦講を催し、青山の琵琶を手向けて、かの経正を弔う旨を語って脇座に着きます。


多くの修羅物では、旅の僧、諸国一見の僧がワキとして登場し、武将の霊と出会うわけですが、この曲では生前の経正とも縁のある行慶という、特定の人物がワキ。しかも僧都ということで、常の僧よりも格が高い雰囲気です。
装束も着流しではなく、大口をつけ格の高い雰囲気を出しています。


不思議なことに、修羅物でも、ワキやツレが亡くなった武将と関係のある特定の人物の時は、二場物ではなく一場物で、いきなり武将の幽霊が登場することが多いようです。
清経などもその形ですが、この曲でもワキの謡から地謡とつづき、青山を手向けて管弦講をしているとシテ経正の幽霊が登場してきます。


経政の能では様々な解釈があるようで、装束も流儀や演者によって長絹にしたり単法被にしたり様々です。この日は黒垂に梨打烏帽子、白の鉢巻きを締めて、白大口に長絹の形。貴公子としての経正を強調したということでしょうか。大友さんも何分美形ですし、当日も熱心な女性ファンが少なからずお出での様子。大友さんに合った装束だったように思います。


ワキは、夜の灯の幽かな中に姿の浮かぶのは誰かと問いますが、シテが経正の幽霊と答えると、なぜか「そも経政の幽霊と、答ふる方を見んとすれば、又消えぎえと形もなくて」と、姿が見えないと謡います。
シテ、ワキの掛け合いの謡ですが、観客からは見えているシテの姿を「形もなくて」と見えないものにしてしまうのは、能の大胆なところかもしれません。


声ばかりの経正に対して、おのおの楽器を携えて、亡き経正には青山を供え、管弦講を進めると、琵琶の音が聞こえて夜遊の楽になるという趣向です。


この掛け合いの後の謡、舞がまた聞かせどころ、見せ所ということです。
さてこのつづきはまた明日に

スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

« | 2007-01 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。