FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

鸚鵡小町さらにつづき

ワキは下がって下居し、帝からの歌を詠みます。
「雲の上はありし昔にかはらねど、見し玉だれの、内やゆかしき」
という歌。
これに対してシテ小町は「さればこそ、内やゆかしきを引きのけて、内ぞゆかしきとよむ時は、小町がよみたる返歌なり」と、「や」を「ぞ」に一文字変えてこれを返歌とします。
ワキは、そのような返歌はためしがあることか、と問いますが、小町はこれぞ鸚鵡返しというのだと教えるわけです。
これが鸚鵡小町という、この曲の題にもなってくるわけですが、歌の技法の一つということですね。


シテはクリ・サシと鸚鵡返しの返歌の由来を述べ、そしてクセで、自身のかつての姿と、今のやつれ果てた姿をくらべ嘆きます。居グセですが、このあたりをジッとした姿でどう表現していくかはシテの腕の見せ所でしょうね。


そしてワキの勧めで、業平が玉津島明神で舞った法楽の舞をまねて舞うことになり、後見座にくつろいで物着となります。
このあたりは地謡も極めて難しい節付けで、間も難しく、地の「風折烏帽子召されつつ」のあと、シテの「和光のひかり玉津島」までの間が大きく取られていて、一瞬絶句されたかと思ってしまいました。


さて物着では唐織りを脱いで長絹を着、風折烏帽子をかぶって舞になります。長絹は黒地に鳥が描かれた文様。大変に素敵なデザインですが、やはりよぼよぼの老女ではなく、もう少し若い毅然とした老女といったイメージを強めているように感じました。


物着から舞に入りますがこれは中ノ舞ですね。格としては序ノ舞の格でということになろうかと思いますが、なんといっても序がありません。
途中、三段で扇を左手に取った後、ヲロシで下居します。ここは歳のために途中で舞も覚束ないというところでしょうけれども、この日はもっと若い設定ですので、疲れ果ててというよりも物思う中でという風情。


舞上げた後は、日も暮れワキ行家も都へ帰ってしまう中、シテ小町はひとり関寺に帰るという設定になっています。
(120分:当日の上演時間を5分単位程度で記しておきます)

スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

« | 2007-01 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。