FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

岩船のつづき

実はこの岩船、観世流では二場物の前半が省略された、いわゆる半能の形が現在の正式な上演形式になっています。
このためワキ、ワキツレが出て次第、名ノリのまで謡うと、それに続く道行以下を省略して待謡になります。


もともとの岩船の形では、ワキの勅使はワキツレの従臣を連れて登場し、勅命によって住吉の浦に市を立て高麗唐土の宝を買い取るべく、住吉まで下向すると名ノリを述べ、道行を謡います。
すると真ノ一声で前シテ童子が登場。市の人ということですが、目出度い言葉を連ねた地謡の後に、ワキが「姿は唐人なのに大和詞で、しかも銀盤に玉を据えて持っているが、一体何者か」と問います。


シテの童子は龍女の宝珠であり帝へ捧げるものと答えます。そして、さらに何者かと問うワキとの掛け合いの謡いを続ける中に、シテは「岩船が来る」と述べます。
ワキはさらに不審をつのらせ何者かと重ねて問うに答えて、シテが答えるには、天の喜見城の宝を帝に捧げんと天の岩船に宝を積んで寄せてくる、その岩船を指図する天の探女であると自身のことを明かします。
そして住吉の松の緑の空の嵐とともに姿を消してしまう・・・というのが前場になっています。
中入り後は語りアイの後に、地謡の「久方の天の探女が岩船を。とめし神代の幾久し」の謡があり、早笛で後ジテが登場するのが本来の形。


しかし観世流では半能の形が基本となっているため、名ノリの後の道行以下がありません。このためシテの登場の前に、ワキ、ワキツレ同吟で待謡を謡うのですが、もともとの詞章に待謡が無いため、別曲「右近」の待謡を謡ってシテを待ちます。


朝哉クン、大変元気の良い謡。閑さんがキチンと間をとっておられて、謡をリードしていましたが、何はともあれこうしてプロとして育っていくんでしょうね。


いよいよ早笛でシテの出となりますが、このつづきはまた明日に

スポンサーサイト

 | HOME | 

カレンダー

« | 2007-01 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad