FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

高砂 金春安明(金春会定期能)

金春流 国立能楽堂 2007.01.21
 シテ 金春安明、ツレ 金春憲和
  ワキ 宝生欣哉、アイ 善竹富太郎
   小鼓 観世新九郎、大鼓 安福光雄
   太鼓 観世元伯、笛 一噌隆之


言わずと知れた高砂。年に一度や二度は必ずと言っていいほど観ることになる能ですが、まだこのブログで鑑賞記を書いたことはなかったので、曲の流れも書いてみようと思います。


高砂は典型的な脇能で、世阿弥の作と言われていますが、二場物で前シテが高砂の地で松の木陰を掃き清める老夫婦。後シテは一転して住吉明神となり颯爽と神舞を舞う対比が面白く、新春らしい目出度さのある曲です。
ともに白髪となるまでの夫婦のありようも説いて、好まれる曲ですね。


昔は結婚式には高砂の謡を謡ったと良く言いますが、実際にはどうなのでしょうか。少なくとも私の周辺では見かけたことはありません。高砂というと新郎新婦が座る一段高くなった席、くらいの意味になってしまったとかいう話もありますね。
一般には「高砂や」と、これはワキの待謡ですが、の部分が謡われたようで、本来は仲人さんが謡うのでしょうけれども、このところ仲人自体を立てない結婚式が多くなりました。


それはさておき、この曲のワキは肥後の国、阿蘇神社の神主友成で、従者二人を連れて肥後を立ち、都へ向かいますが、その途次に播磨の国、高砂の浦に立ち寄る次第。
まずは真ノ次第で三人が登場し、次第を謡い、名ノリで阿蘇神社の神主友成である旨と、都へ初めて上ることとしたが、そのついでに高砂の浦にも寄ってみようと述べます。さらに道行で高砂の浦に着いたと謡ってワキ座に着きます。


ワキは宝生欣哉さん。勅使や高位の神官のワキの時は、登場の際に伸び上がるような所作を何度かしますが、欣哉さんの型はとても安定感があって私は好きです。これがふらついたり、少将不安になるワキの方もいますよね。


さてこのつづきはまた明日に

スポンサーサイト

 | HOME | 

カレンダー

« | 2007-01 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad