FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

狂言 宝の槌 善竹十郎(金春会定期能)

大藏流 国立能楽堂 2007.01.21
 シテ 善竹十郎
  アド 善竹大二郎 野島伸仁


脇狂言の曲なので、めでたい曲ということで「末広がり」などと共通する部分の多い曲です。
実際、途中までの進行は末広がりとそっくり。


まずアドの主人が長裃姿で登場して「宝比べが流行る」と言い、太郎冠者を呼び出して何か験奇特のある自慢できるような宝があるか、と問います。
しかし太郎冠者の返事は「無い」ということなので、主人は太郎冠者に都へ上って求めてこいと言いつけます。


命じられた太郎冠者は舞台を回り、都へとやって来ますが、宝がどのような物でどこにあるかを聞いてこなかったことに気付いて「宝買おう 宝買ひす」と呼ばわって歩きます。このあたりは末広がりと同じですね。


善竹十郎さんの、まさに田舎者が都に上ってきて感心している様の演技は楽しいもの。都の家々が、軒と軒、棟と棟を連ねて仲良さそうに立ち並んでいる、と語り、感心して眺めます。


それにつけても「宝買おう、宝買ひす」と呼び歩くというのもどうかとは思いますが、ともかく太郎冠者が呼ばわりながら歩いているとアドのすっぱが登場してきて、一ノ松で名のります。例によって都あたりを歩き回っている心の直ぐない者と名乗っての登場。一つ田舎者をだましてやろうということです。
さてすっぱが何をどうだますのか、明日につづきます

スポンサーサイト

 | HOME | 

カレンダー

« | 2007-01 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad