FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

二人静のつづき

前シテ「里の女」が、ツレに呼び掛ける形で登場してきます。
「吉野へ帰ったら神職に、一日経を書いて自分の跡を弔ってくれるように頼んでほしい」と話します。
さらに、ツレが名を問うと「もし疑う人がいるならば、そなたに憑いて名を名乗ろう」と述べて姿を消してしまいます。


この前シテ、短い登場ですが、ここで後場につながる雰囲気をどう出しておくか、なかなかに難しいところかもしれません。


さてシテが姿を消すと、ツレは正中へ着座してワキに先ほどの出来事を伝えます。
この中で、「なに、真(マコト)しからずとや」と疑問の言葉を発したことから何者かの霊が憑いて気色が変わります。
ツレの謡は、ここから位が変わります。藤波さんの謡、ここまではツレらしい声の調子でしたが、ここからトーンが下がり、この変化が良く現れていたと思います。
それまではワキに向かって報告するという形で、ワキ座を向いていたところから、正面へ向き直り、憑いた霊の独白の形になります。


ワキはツレに憑いた霊に誰かと問いますが、判官殿に仕えた者、と述べて、静御前の霊であることがほのめかされます。


これをふまえて、ワキは舞を所望し、霊の跡を弔おうと約束するわけです。


ワキはツレに舞の装束を渡し、物着となります。
ツレの言葉では、舞の装束が勝手神社の宝蔵に納めてあるとなっていますが、実際に渡されるのは烏帽子と長絹ですね。


ツレは装束を着け、常座に立って、ワキとの掛け合いで謡います。
すると後シテ静御前の亡霊が、ツレと同じ装束で登場してきます。
このつづきはまた明日に

スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

« | 2007-02 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。