FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

現在七面のつづき

まず舞台には一畳台が出されてワキ座に置かれます。日蓮上人の庵という趣向ですね。


ワキの日蓮上人がワキツレの従僧を従えて登場して一畳台に座します。
まずはワキが、末法の世に至って身延山に引き籠もり一心に読経、修行に打ち込んでいると謡い、これに地謡がつづいて上歌を謡って、ワキの言葉につなぎます。
ワキは、法華修行の身であるので修行怠りなく勤めているところに、どこからともなく女性がやって来る。今日も来るならば、名を尋ねてみようと述べます。


ワキは、白綾に指貫込大口。紫の水衣に、花帽子と、単なる旅僧や修行僧ではなく、日蓮上人と特定していることから、それ相応の格式を表す装束になっています。大柄な森常好さんなので一層迫力が増す感じがします。


次第の囃子によって前シテの里女が登場し、次第、サシ、下歌、上歌と、自らの信心に向ける心映えと身延山の有り難い雰囲気を謡います。
前シテは無紅唐織に深井の面をかけた中年の姿ですが、紅い色が入っていないというだけで、黄色系の大変綺麗な装束でした。装束附けを見ると紅入の唐織を着けることもあるようですが、この場合は面は若女など、若い女性の面になりますね。
このシテの登場に対して、早速、ワキが如何なる人かと問いかけるわけです。


シテは、このあたりに住む者だけれども、有り難い教えに触れる機会を持ち上人に結縁をなそうとする者、と答えますが、ワキの返事に法華経を保てば女人も成仏すること疑いなしと聞いてさらに有り難く思い、女人成仏についてさらに謂われを聞かせてほしいと、乞うわけです。


ワキの語りからクリ、サシ、クセと進みますが、地謡のクリの後はワキがサシを謡い、クセの上げ羽もワキが謡う形。シテはじっと聞き手に回る感じになります。
さらにロンギに入ってシテは我が身を語り、実は七面の池に住む蛇身であると明かして姿を消してしまいます。


通常はクリ、サシ、クセはシテと地謡によって進行するわけですが、この曲ではワキが語る法華経の功徳、女人成仏をクリ、サシ、クセに謡うため、常の曲とは異なった形になっていますね。
さてこのつづきは、また明日に

スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

« | 2007-02 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。