FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

翁さらにつづき

面を外した翁が退場する(翁還り)と三番三が主役になります。


山本家の三番三は比較的観ているほうですが、今回は則俊さん。和泉流に比べると派手さはない感じですが、好感の持てる舞です。
まず揉之段、これは良かったですね。舞が終わると後見座にくつろいで黒式尉の面をつけます。


上掛りであれば千歳は翁に従って退場してしまいますが、この日は千歳が面箱を兼ねているので、凛太郎クンは舞終えた後も待機中。面をつけ終わった三番三が常座に立ち、「アドの大夫」と面箱を呼び出して掛け合いになります。
凛太郎クン堂々としたもので、鈴を渡して大役を果たしました。


鈴之段は三番三が鈴を持って舞うところから名付けられたものですが、徐々にテンポが速くなる中で、鈴が振られる音が舞台に響き不思議な高揚感につつまれます。
静かな登場から一時間あまり、なんだか清々しい気分になりました。


ところで観世流の弓矢立合の話は以前に書きましたが、翁の小書というのは各流それぞれにいくつか存在するようです。
一方、喜多流では白式という小書が一つだけ。しかもこの小書は装束から揚幕まで白一色になるものの、中身としては常の翁と変わらないとか。
六平太藝談にもこの話が見えますが、中身は同じでも、白装束の翁というのはまた随分と雰囲気が違うと思います。
一度、観てみたいものですが機会がありませんねぇ。
(65分:当日の上演時間を5分単位程度で記しておきます)

スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

« | 2007-02 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。