FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

高砂 高林白牛口二(第47回式能)

喜多流 国立能楽堂 2007.2.18
 シテ 高林白牛口二 ツレ 高林呻二
  ワキ 福王和幸 ワキツレ 永留浩史 喜多雅人
  アイ 山本則重
   大鼓 佃良勝、小鼓 幸正昭
   太鼓 小寺佐七、笛 松田弘之


先月の金春宗家に引き続いての鑑賞。割とポピュラーな曲でもしばらくお目にかからないこともあれば、短期間に続けて観ることもありますが、ま、高砂ですので一月、二月はどうしても観る機会が多くなりますね。


シテは高林白牛口二さん。京都で喜多流の火を灯し続けておられる流儀の重鎮ですが、確かご本名は皓二さんとおっしゃったように記憶しています。皓の字を分解してのお名前のようなのですが、どのような子細なのか存じておりません。


さてこの高砂という能、私はとても好きなのですが、演じにくいとおっしゃる能楽師の方もお出でになるようです。取り立ててドラマ性がある訳でもないし、前半は老夫婦が出てきて目出度いのか、目出度くないのか分からない展開になっている、と、まあそんなところでしょうか。


翁にも共通するのでしょうけれども、神能というのは神事性が強くて、そもそも神の来迎の姿を見ること自体に意味があったのでしょう。
したがってドラマ性は期待できないし、内容自体は薄く祝言としての意味が大きいため、能を「劇」としての性格から捉えようとすると、意味の乏しい演目になってしまうということですね。


私自身は感覚が古い日本人なのか、後シテが登場してくると妙に有り難い気持ちになったりしてしまいまして、この高砂型の神能は好きなジャンルとなっています。
高林さんの演技をふまえながら、神能を巡って明日につづけてみようと思います

スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

« | 2007-02 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。