FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

経正のつづき(式能鑑賞の記)

まずはワキが登場してきますが、二番目のワキは福王茂十郎さん。高砂のワキ和幸さんのお父様ですが大柄な方で迫力あります。
ワキは経正追悼の管弦講を催すと述べた後ワキ座に着し、その後シテが管弦講にひかれ登場してワキとの掛け合いになるくだりは、宝生とも基本的に変わりがありません。
その後シテは正中に座して謡が進みます。


ワキの「青山の琵琶おのおの楽器を調へて、糸竹の手向を勧むれば」に応えて、シテは「亡者も立ち寄り灯の影に」と扇を開いて立ち上がり、扇を左手にとって正面に出て「手向の琵琶を調むれば」と扇を抱えて琵琶を抱く心持ち。
座して目付柱の上を見上げ「不思議や晴れたる空かき曇り」と空を見上げる風となります。


このあたり、ある程度は謡いに沿って所作が進みますが、その後の「月にならびの岡の松の」からは、サシ込・開(ヒラキ)、右ヘ廻リ、左右打込ヒラキなど、抽象的な型で構成されていて謡に結びついた型はありません。
抽象的な型の連続の中に、如何に情緒を感じさせるかというところですね。
このあたりは宝生ともあまり変わりがありません。


クセでも抽象的な型が繰り返される形です。
仕舞を習ったことがある方はおわかりだと思いますが、型にはそれぞれ名前が付いていまして、上にも書いたサシ込というのは、両手を下げた構えから扇を持った右手を上げながら出る型で、宝生ではシカケと言うようですね。
サシ込の後は通常は両手を広げながら下がる開という型をします。他流ではヒラキと表記するようですが・・・
明日につづきます

スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

« | 2007-03 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。