FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

口真似 野村万之介(第47回式能)

和泉流 国立能楽堂 2007.2.18
 シテ 野村万之介
  アド 月崎晴夫 深田博治


別の曲名、別の話になっていても、中核となる部分が同じという組み合わせが、狂言では少なからず存在します。
狂言はもともとキチンとしたストーリーがあったわけではなくて、物真似やちょっとしたエピソードを面白く見せていたのが、繰り返して演じられるうちにだんだんと劇化して定着していったようですから、好んで演じられたショートコントが、別々の話の中に組み入れられて定着していったということかと思います。


この口真似も後半の部分は察化(サッカ。咲嘩とも)の後半と同じです。要は、太郎冠者が主の口真似をして、最後は客を突き倒して、しかも「ゆっくりして・・・」と呼び掛けて退場する面白さを見せようということでしょう。


察化では都の伯父を連歌の初心講の宗匠に頼もうと、太郎冠者が呼びにやられます。ところが太郎冠者が伯父の顔を知らなかったことから、すっぱを伯父と勘違いして連れてきてしまい、騒動になる展開。
一方この口真似では、もらい物の良い酒を一緒に飲んでくれる人を探してこいと主に言いつけられるのが発端。


太郎冠者は知り合いの男を訪ねて連れてきますが、この男、実は酒癖が悪いために仲間はずれにされている由。
さてこのつづきはまた明日に

スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

« | 2007-03 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。