FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

またまた観世会定期能を観に行く

先月に引き続いて、観世会の定期能を観に渋谷の観世能楽堂まで行ってみました。


別ブログでも書いたとおり、本日は普通列車の旅・・・ですが、現在無料のグリーン車だったので割合快適でした。
それはさておき、本日の番組は・・・
能が三番で、寺井栄さんのシテで巴。梅若六郎さんの熊野、こちらは読次之伝と村雨留の小書がついています。さらに関根祥人さんの須磨源氏。
狂言は野村万蔵さんのシテで入間川。


今日はそれぞれに興味深く、まさに能楽を楽しんだ感じです。


巴はここ一年、いろいろと思いを巡らせている能ですが、今日はまた一つ得るものがあった気がしています。寺井栄さんのシテは初めて拝見しましたが、最後は思わずホロリ。
以前は今ひとつ好きになれない曲だったのですが、昨年の閑能会で祥人さんの巴を観て以来、いささか気になる曲になっています。


六郎先生の熊野は改めて述べるまでもありませんが、本当に趣のある能。あまりに評判が高いので、逆に敬遠したりあら探しをしたり、ついついそんな見方をしてしまうのですが、素直に上手いなあ、と本日も堪能。


関根祥人さんの須磨源氏。この曲自体はあまり期待していなかったのですが、やっぱり問題は演者なんだと再認識。すばらしい早舞におもわず涙腺が緩んでしまいました。
来週は桃々会で大原御幸をされるとか。私は行けませんが、これは楽しみですねぇ。


入間川。万蔵さん上手いなあ。このところ拝見するたびに感銘を受けることしきりです。萬さんの味のある年季の入った芸はもちろんですが、二人の掛け合いは実に見事。
と、いうわけで本当に観に行って良かったと思っています。


鑑賞記は・・・式能が終わったあとになりますね。メモはちゃんととってあるので、いずれまた。

スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

« | 2007-03 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。