FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

左近三郎 大藏彌太郎(第47回式能)

大藏流 国立能楽堂 2007.2.18
 シテ 大藏彌太郎、アド 大蔵吉次郎


左近三郎は「さこのさむろう」と読みますが、文荷でも手紙の相手を左近三郎とする形があるように、特に名前に意味はないようです。


比較的最近、といっても江戸時代に作られた曲らしく、以前にこのブログでもちょっと触れた「狂言記」に鹿狩として出ているものが最も古い形のようです。
和泉流では出家猟人という名で、番外曲になっているようなのですが、今回は大藏流ですので、彌太郎さんと吉次郎さんのご兄弟での演技となりました。


どうも、もともと説教で語られていた説話に拠ったらしいのですが、台詞もそれらしく宗教問答的な部分が少なくない曲です。
説教は、今でこそ「お説教」と、あまり聞きたくないものに分類されてしまいますが、中世から近世まで、説教節は芸能のジャンルとしてもてはやされていたようで、説教師は人気があり、現代のスター並みの扱いだった様子がうかがえます。


山椒大夫や信徳丸(能の弱法師の原典とも言えるものですね)、小栗判官など、説教節の有名なもののありますが、現代では説教節そのものはほとんど聞かれなくなってしまっていますね。


この狂言では左近三郎というシテは猟師。一方のアドは出家で、この二人が出会ったところから物語が展開します。
つづきは明日に

スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

« | 2007-03 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。