FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

葵上のつづき

まず後見が登場し、小袖を正先に広げて置きます。
この広げた小袖が、病床に伏せる葵の上という設定。このあたりが極めて能らしいと、この曲の評判を高める原因の一つにもなっているのではないでしょうか。


さらに出し置きの形でツレの照日の巫女が登場してワキ座に着座します。梓弓の名手ですが、梓弓はもともと弓弦を引いて音を出し魔よけとしたもの。この弓を引くことで霊を下ろす技にも長けているわけです。
この能の古い形では、ワキツレが先に登場してツレを呼び出す形だったという話もありますが、出し置きの形に整理してしまったことで、能としての緊張感は高まったような気がします。


続いてワキツレの朱雀院の臣下が登場し、葵の上の病状が重篤なので照日の巫女という梓の上手に物の怪を占わせると述べて、地謡前に着座しワキ座のツレに梓を引くよう命じます。
これを受けて大小が梓ノ手を打ち、ツレが「天清浄、地清浄・・・」と謡い出します。私、ここが大変好きでして、ツレの謡の聞かせどころですね。工藤寛さんは昨年の工藤さんの会「天地人之会」での望月のシテ以来ですが、安定感のある謡で好感が持てます。


常の型では、ツレの謡の後、あらためて一声の囃子が奏され、これによってシテ六条御息所が登場して、一ノ松で一セイを謡います。さらに二ノ句を継いで、次第からサシと、車争いの車に掛けてでしょうけれども、車から輪廻、無常を謡います。この謡がまた聞かせどころ。


しかしこの日は小書のため、ツレが「天清浄、地清浄・・・」と謡い始めると直ぐに幕が開き、ツレの謡のうちにシテが橋掛りを進んできます。梓之出は各流にある小書ですが物語の展開の緊張感を高めるためか、一ノ松まで進んだシテは、一セイ以降の謡をバッサリ切って「梓の弓の音は何処ぞ」の謡と謡い出します。
一セイ、二ノ句以下のシテの謡は聞かせどころと思うのですが、各流にこの小書があるところを見ると、劇的な面白さを望むケースも多かったのでしょうか。


さてこのつづきはまた明日に

スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

« | 2007-03 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。