FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

葵上さらにつづき

ツレは招き寄せた生霊の有様を口にしますが、ワキツレはこれを「大方は推量申して候」と受け、さらにシテに名を名乗れと迫ります。


シテは自ら六条御息所の怨霊と名のり、自らの思い、怨みを切々と謡います。
さらに語る内に激情に駆られ、後妻打ちに及びます。ツレとの掛け合いの中に、正先の小袖に寄り、扇で打つ型。そして謡に合わせての立働きになります。
この地謡の最後で、枕に立てる破れ車、うち乗せ隠れ行こうよ、と謡うのに合わせて、持っていた扇を捨て、着ていた唐織りを被いて後見座にクツロぎ、物着となります。


被いた唐織りを後見が広げてシテの姿を隠す内に、面を般若に変え髪を乱しますが、中入りせずに物着の形で処理してあるのも緊張感を持続させますね。


ワキツレはアイを呼び、ワキ横川の小聖を呼んでくるように言いつけます。
アイはこれを受けて一ノ松あたりから幕に向かって呼び出します。
ワキの登場の謡は、重々しく、力ある行者の風。ワキの高安流宗家、高安勝久さんは名古屋が活動の中心なので、東京で拝見する機会は多くありません。私は式能で観ているだけです。


ワキはおもむろに橋掛りを進み、正先の小袖の前に着します。
ノットの囃子に合わせて祈祷を始めるわけですが、以前にも書きましたが、私、このノットが好きでして、もっと長く奏しないものかなどと思ったりする次第。


いよいよシテが悪鬼の姿となって、唐織りを被いたまま常座に出て膝をつきます。
ワキが祈りの囃子で、数珠を揉んで祈る中、シテは姿を現して唐織りを腰に巻き付け、やがてこれを落としながら打杖で激しくワキと闘います。
ワキの高安さん、かなり大きく後に下がるため、何度か地謡前列と接触した感じで、いささか地謡は迷惑そうな風に見えましたが・・・ともかくシテはワキの法力に調伏されて打杖を捨てて安座。


ここから地謡も一転して、中ノリの刻むような謡から、経文読誦の功徳によるシテの成仏を謡う謡へと変わり、留めとなります。小書のせいもあり短時間に凝縮された形で楽しめました。
・・・が、番組には附祝言の記載があったのに、皆さんそのまま退場。うーん、本当はついたのか、番組が間違いだったのか???
(45分:当日の上演時間を5分単位程度で記しておきます)

スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

« | 2007-03 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。