FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

「熊野」読次之伝・村雨留のつづき

まずは名宣リ笛でワキ宗盛の登場。
このところ殿田さんのワキを拝見する機会が多いのですが、私個人的には大変気に入っているワキ方です。なんでもご出身は金沢とか伺っていますが、年代的にもまさに「良い味」が出てきたところかと。


熊野の宗盛は、熊野を手放そうとしない嫌な奴的な設定で、平家物語の描く宗盛像に従ったということなのでしょうけれども、そうは言っても相応の身分もあり、悪賢いタイプの悪人ではありませんから、ワキとしても相応の品位が必要ということでしょう。


ワキの登場に続いてツレ朝顔が登場してきますが、一度舞台に入り常座で謡った後、橋掛りで幕に向かって案内を乞います。木原さんの謡は昨日も書いたとおり、調子を高めにとったツレらしい謡。


これにこたえてシテ熊野の登場です。
シテのサシ謡の後、ツレがシテに近づいて手紙を手渡します。


シテはツレから渡された手紙を黙読しますが、読み終えるとこの手紙を持って宗盛のもとへ行くことにします。
シテは橋掛りでツレと入れ違い、ツレを従えて舞台に入り、文ノ段へと進みます。


先日の本田さんの熊野では、ワキのもとに近より、二人して寄り添う感じで文を読みましたが、この日はシテが手紙のことを述べると、ワキは「なにと故郷よりの文と候ふや、さらばもろともに読み候べし」と言い、一度立ち上がって、舞台やや中央に寄ったあたりで再度床几に座します。
シテは正中で床几に座し、まずワキが文を読み始め「涙に咽ぶばかりなり」まで、ほぼ半分を謡います。これを受けてシテが「ただ然るべくは」からの残り半分を謡いました。
この謡は趣ある謡で「老いぬればさらぬ」からは、思いが深く入った風。
「涙ながら」のところで大鼓の柿原さんの掛け声がかぶりますが、これが実に良い。


しかし結局は暇乞いはかなわず、花見へ行くことになってしまいます。
ということで明日にもう一日つづきます

スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

« | 2007-03 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。