FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

須磨源氏 関根祥人(観世会定期能)

観世流 観世能楽堂 2007.03.04
 シテ 関根祥人、ワキ 宝生欣哉
  アイ 小笠原匡
  大鼓 亀井実、小鼓 森澤勇司
  太鼓 観世元伯、笛 寺井宏明


この曲、珍しいというほどでもありませんが、あまり上演回数が多い方ではありませんね。源氏と聞くとついつい恋物語のような曲を想像してしまいますが、構成、主題はむしろ融に似た感じ。世阿弥が改作した曲と言われています。


前シテは須磨のあたりの老人で、柴を負っての登場。須磨といえば光源氏ゆかりの地でもあり、前場はこの古を語る形。
後場では、その光源氏の姿となって早舞を舞う次第で、前後の設定といい融と良く似た形になっています。


とは言え、前場は源氏物語の巻名を織り込んだりしているものの、取り立てて感銘を呼ぶようなドラマ性も見られません。
後場の光源氏の登場も、須磨の地を懐かしんで兜率天から下ったという設定に、何かもう一つ盛り上がりがほしい感じがするところ。
どうも融と比べてしまうからかもしれませんが、なんとなく食い足りないような感じのする曲です。


金春流では現行曲としていませんし、他流でもあまり上演回数が多いと思われないのも、このあたりに理由があるのかもしれません。


さてこの曲を祥人さんが、どう演じたか。つづきはまた明日に

スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

« | 2007-03 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。