FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

金剛流の「藤」さらにつづき

中入り後はアイ所の者が登場しワキとの問答から居語りに「たごの浦」の由来を述べます。基誠さん、またまたヘアースタイルを変えたような・・・


ワキの待謡から後シテの出になります。
実はこの日、能楽堂に向かう電車の中で、ワキ方安田登さんの書かれた本「ワキから見る能世界」を読んでおりまして大変に感銘を受けたところ。影響受けやすい私のこととて、すっかりワキ僧の気持ちになってシテの到来を待つ気持ちでした。この本の話はいずれまた機会を見て・・・と思っています。


さて後シテは藤の立物をつけた天冠に、緋の大口、紫の長絹の優美な姿で登場してきます。
まさに藤の花の精という姿。仏法の縁にひかれて歌舞をなさんと現れたと言い、クセの舞に展開します。
クセは舞グセ。扇を広げて構えたところから、地謡の「眺めに続く景色かな」で片ユウケンを二つしてクセに入ります。割と短めのクセですが、型どおりの展開ですね。


クセから序ノ舞へ入ります。観世では序ノ舞を舞い上げたあとのワカ「面白やゆたに吹くなる春風に」の頭の句「面白や」をシテが謡って序ノ舞に入りますが、この日は地謡のままに序ノ舞へ。舞い上げたあとの詞章も全く違っています。
ちなみにこの序ノ舞、観世流では太鼓入りが常の形とされていますが、太鼓無しにも演ずることができるよう型附けに書かれています。


序ノ舞を舞い上げると大ノリの地に乗って、優美にキリの舞。春風に誘われつつも、謡い舞いするうちにはや紫の曙となり、たなびく霞に姿を消してしまいます。
舞は・・・研修中ということで
(85分:当日の上演時間を5分単位程度で記しておきます)

スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

« | 2007-04 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。