FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

六人僧 野村万作(野村万作抄15)

和泉流 水戸芸術館 2007.04.14
 シテ 野村万作、参詣人 石田幸雄 深田博治、
  妻 月崎 晴夫 竹山悠樹 野村 万之介


こちらは一転して登場人物6人というにぎやかな狂言。これも和泉流にしかありませんし、しかもあまり上演されない曲なので、観る機会の少ないない狂言のひとつ。
登場人物い多いし、展開も演劇的な要素が強いもので、狂言記には見えますが、さていつ頃の作なのでしょうか。
でも話はどこかで聞いたような・・・そうなんです。これ落語の大山詣りの原曲ともいって良いもの。どおりでどこかで聞いた話です。


大山詣りと言えば亡くなった志ん朝さんのCDが絶品ですが、その話は別ブログででも触れるとして、狂言の話。
まずはシテの参詣人が、二人の仲間を連れて登場します。


シテが笠をかぶり常の裃姿で登場。アドの二人の男は出し置きの形になるので、シテに続いて登場してきますが、笠は手に持ったまま、しずかに笛座前に着座します。
この登場の際、笠をかぶった万作さんの横顔がふと萬さんにとても良く似ていると思いました。
萬さんと万作さん、今となっては舞台上で競演されることはありませんが、万作さんがお父様の六世万蔵さんにとても良く似ていらっしゃるの比べて、萬さんのほうは少し顔立ちが異なっています。しかし、笠の下の横顔がビックリするくらいに似ていて「さすがに兄弟」と思った次第です。


さてシテ万作さんは「後世一大事と存ずるによって諸国仏詣に」出ようと思うと述べ、同行することを約束した友人達のところへ急ぎます。


舞台を一周し、同行の友の家に着いたと案内を乞います。
これに答えてアドの男、石田さんが立ち上がりシテとの問答の後に三人揃っての旅立ちとなります。
このつづきはまた明日に

スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

« | 2007-05 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。