FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

白田村さらにつづき

最初に書きましたように、田村という能を祝言能と考えると、さて後シテが平太の面で出てくるのはいかがなものか、という意見がでてきます。
平太は八島や箙などにも用いられる面ですが、なんとなく暗さが漂います。昔からそうした言い伝えはあったようで、田村は祝言能であって平太は祝言には掛けない面だから使うべきではない、と書かれた伝書もあるようです。


そんなことからか、この白田村や金春・金剛の白式、さらに観世の替装束などの小書がつくと、後シテの面は平太ではなく天神や大天神といった面に変わります。金春の本田光洋さんが白式を演じたときもそうでしたが、この天神という面は不思議な感じのする面です。
天神といえば菅原道真で、この面は死して神となる前の道真を表しているんだそうです。


さてワキの待謡を受けて後シテが登場してきます。
天神だとは思うのですが新しい面なのかちょっと印象が違います。烏帽子に鍬形をつけた独特の形ですが、烏帽子は左右に折らず真っ直ぐ。梨打ち烏帽子ではないような感じだったのですが・・・
白の法被に白系の半切。これは金春の形と同じですね。もっとも白田村は白の狩衣を肩上げにするという話もあるのですが、装束付けはシテの考えで替えられる部分も多いので一概には言えませんね。


田村の後場は勇壮な雰囲気で好きな展開ですが、常の形よりは緩急がついた感じです。登場して床几に腰を下ろし、しばらくは床几に掛けたまま仕方話の形。「土も木も我が大君の神国に」で立ってカケリへと入っていきます。
地の謡は「黒雲鉄火をふらしつつ」で締まり、シテの「あれを見よ不思議やな」から気を変えてかかった感じになります。
シテは直ぐに橋掛りへと進み、橋掛りを使っての勇壮な形。


中村さんはこれまで地謡や後見で拝見していただけでしたが、筋の通った能をなさる感じで大変好感を持ちました。
(75分:当日の上演時間を5分単位程度で記しておきます)

スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

« | 2007-05 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。