FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

見物左衛門 野村万之介(喜多流自主公演能)

和泉流 喜多六平太記念能楽堂 2007.4.22
 シテ 野村万之介


一人狂言というのは極めて稀。この見物左衛門の他には茂山家が復曲した独り松茸があるくらいだそうです。この見物左衛門も金沢の三宅派が番外曲の扱いで伝えてきたらしく、従って三宅家と金沢系の野村家のみが演じます。
ネットで調べてみると、上演記録で引っかかってくるのは万作家の皆さんがほとんどですね。


この見物左衛門ですが、当の見物左衛門が出掛ける先が深草祭のバージョンと花見のバージョンとあって、今回は深草祭。花見のバージョンはほとんど演じられないようです。
今年4月9日の「第3回伝承の饗宴 ユネスコ世界無形遺産チャリティ」で萬斎さんが花見バージョンを演じられたようですが、御覧になった方はラッキーですね。月曜の夜だし難しいところでしょうけど。


さてシテの見物左衛門が括り袴に笠をかぶった姿で登場してきます。
賀茂の競べ馬、深草祭を見に行こうと思うのだが、一人で行くのではなく、ぐづろ左衛門といって毎年一緒する人がいるので誘っていこうと思うと述べて、ぐづろ左衛門の家に向かいます。


・・・狂言のテキストってなかなか手に入りにくく、家によって詞もまちまちなので、私の鑑賞記はおおよそその場で耳からはいるのを書き取ったものです。が、この見物左衛門のように様々な人の名前や、見聞きしたものの名前が出てくると、正直のところ「はて何でしょうか、それは?」というところが少なくない次第。
この後もメモをもとに書いてみますが、ぐづろ左衛門といい、いささか怪しいところはご容赦下さい。
というわけでこのつづきはまた明日に

スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

« | 2007-05 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。