FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

羽衣 霞留のつづき

まずは後見が登場しますが、作り物は持ち出さず一ノ松あたりの欄干に長絹を掛けます。
囃子が入りワキの白龍一行が登場してきます。工藤さんのワキに高井さんと井藤さんのワキツレ。釣り竿を持つ角度が微妙に違うのが気になりましたが、またそれはそれで絵画的に面白いかもしれません。


作り物がないので、上歌の終わり「釣り人多き小舟かな」でワキは後見座に竿を置き、そのまま橋掛りを二ノ松あたりまで進んで向き直り「われ三保の松原にあがり」と語ります。「これなる松を見れば」と欄干に掛かった長絹を見、「いかさま取りて」と衣を取って立ち上がり舞台へ戻ります。


そのワキの後ろ姿をシテの呼び掛けが追います。ワキはワキ座まで進み「これは拾いたる衣・・・」と言葉を返しますが、これを受けて橋掛りを進みながらシテの詞が続きます。狩野さんが小柄なせいか、失礼かも知れませんが可愛らしい印象です。


一ノ松あたりで歩を止めてワキを見込む感じで「かなしや羽衣なくては・・・」と詞を掛けます。この後のシテとワキのやり取りが続き、地謡が受けた後「天の原ふりさけ見れば」とやや右を向いて遠く見やる感じ。趣があります。
地謡の下歌から、上歌と進むにつれて橋掛りを進み、シテは舞台へ。


シテのシオル姿から、ワキが不憫に思い衣を返そうと申し出て物着になります。このあたりは常の形と変わりませんね。


物着で長絹を着したシテは常座に立ち「少女(オトメ)は衣を着しつつ」と謡いますが、天女というよりも少女という雰囲気がありました。
地のクリのあと、シテのサシ謡「しかるに月宮殿のありさま」から次の地謡との掛け合いが飛ばされて、クリの最後「久方の空とは名付けたり」からいきなりクセの「春霞」へとつながります。これは小書の関係でしょうね。


このつづきはまた明日に

スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

« | 2007-05 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。