FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

真奪のつづき

アドの男の竹山さんは手に真(松の枝のようですが)を立てて持って登場。これは良い真だなどと言いながら橋掛りを進みます。


太郎冠者はこれを見つけて早速に手に入れようとします。主人はいったんは止めるものの、太郎冠者は早速のところ男に真を譲ってくれと交渉を始めます。
「主人は見ての通り立派な人物なので礼は存分に」などと言いますが、約束のある男は真を譲ろうとはしません。


結局、真を巡って奪い合いになり、太郎冠者は男から真を奪い取りますが、持っていた主人の太刀は男の手に残ってしまいます。
太郎冠者は真を得たことを主人に報告。主人も喜びますが「太刀はどうした」と冠者に問いかけます。ここで太刀を男に渡してしまったことに気付きますが、既に男は太刀を持って行ってしまった後。主従は男を捜すことにします。男がこのあたりに住んでいる者という設定ですね。


男は太刀を持ってやって来ます。これに主人が組み付いて後から羽交い締め。まんまと太刀を取り返し、さらに太郎冠者に男を痛め付けるよう命じますが、太郎冠者は口ばかりでなかなかうまくいきません。
男を縛れと命ぜられ、縄をなう始末。泥縄の言葉どおりを演じてみせる次第。


ドタバタの末に、縄をない終えた太郎冠者は主人の後から縄を掛けようとして、主人を縛ってしまい、男はまんまと逃げ果せたという形になっています。


ない終えた縄を輪にして地面に置き「ここへ入れ」と太郎冠者が呼び掛けたり、細かいところに笑いが隠されています。
なにぶん見所の方は照明が落とされていてメモできませんでしたので記憶だけですが、蝋燭の灯りということで、今ひとつ演者の表情が見えにくいところが逆に想像力をかき立てるような感じで楽しめました。
(15分:当日の上演時間を5分単位程度で記しておきます。実際は13分くらいだったかと思います)

スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

« | 2007-05 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。