FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

藤 佐野由於(五雲会)

宝生流 宝生能楽堂 2007.5.19
 シテ 佐野由於 ワキ 宝生欣哉
  アイ 高野和憲
   大鼓 内田輝幸、小鼓 大倉源次郎
   太鼓 桜井均、笛 藤田朝太郎


3月に東京金剛会で「藤」の研修能を観ましたが今回は宝生流。
金剛会ではなにぶん研修ということで、能の善し悪しを感ずる以前のような部分もありましたが、今回はベテランの佐野さんの舞台でもあり、なかなかに楽しめました。「藤」っていうのも案外面白い曲なんだなあと思った次第。


今回は作り物は出ず、次第の囃子でワキ僧と、ワキツレの従僧が登場しました。
・・・ただし当日いただいたパンフレットには、藤城継夫さんの解説に「舞台正先に松立木の作り物が出され」とあります。そのためロビーにわざわざ「本日は松立木の作り物は用いません」といったお知らせが貼ってありました。


先日の金剛会では藤懸松立木台が出ましたし、観世の謡本にも作り物が明記されていますが、さて宝生流ではもともと出さないのが普通なのか、それともこの日はたまたま出さなかったのか、どちらなんだろうと考えてしまいました。
しかし藤城さんは長年「わんや書店」で雑誌「宝生」の編集にあたられた方ですし、宝生流の解説を書き間違えるとは思い難いので、この日はたまたま事情あって使わなかったのではないか、とひそかに想像しています。


さて、宝生欣哉さんのワキはいわゆる大口僧で、ワキツレの則久さんと高井さんと登場。
加賀の国に下り名所旧跡を一見したので、これより善光寺へ参ろうと語って道行を謡います。
このつづきはまた明日に

スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

« | 2007-06 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。