FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

五雲会を観てきました

さすがにくたばっております。
なにぶん夕べは慣れぬ旅館泊まりでいささか寝不足気味。この状態だと能四番に狂言二番の五雲会はちょっときつい。


ですが、ともかく全曲観て参りました。


曲は以下の通りで、まず能ですが
 八島 シテ 水上優
 小袖曽我 シテ 佐野玄宜
 杜若 シテ 佐野登
 船橋 シテ 金井雄資
そして狂言が
 柿山伏 シテ 吉住講
 舟ふな シテ 高部恭史


水上さんの能を観よう、というのが今回の第一の目的だったのですが、八島、良かったです。水上さんらしい、品の良い能。前シテもなかなかに良かったです。
あんまり早く能楽堂に着いてしまったので、ちょっと時間調整にコンビニに向かったところ、出勤途中の水上さんとすれ違いました。余程に声をかけようか、と思ったのですが、大事な演能前にまずいかなと思い、そのまますれ違いました。
普段歩いておられる時も端整な雰囲気でして、お人柄が出ている感じです。


さて「八島」以外も、体調不十分ではありましたが堪能。
小袖曽我は佐野さんのご兄弟でしたが、さすがにご兄弟ということなのか、あんなに息の合った相舞はなかなか観られませんね。
佐野玄宜さんは五雲会初シテで、開場前に入り口に姿を出され、並んでいた何人からか「おめでとうございます」の声がかかっていました。


杜若は、不思議な魅力があって、植物の精ってこんな風に表現すると良いのか、と思った次第です。とても良い印象でした。


金井雄資さん、良いですねえ。
船橋って曲の良さもあるのかもしれませんが、すっかり目が覚めました。前々からお上手とは思っていたのですが、後場では観ているほうのテンションも上がってしまいました。


狂言二番もそれぞれに面白かったのですが、いずれも万蔵さんがアドで実に素敵でした。


良い会だったと思うのですが、ともかく、本日はちょっと疲れておりまして、これにて寝てみようと思います。
鑑賞記は本日もお休みさせていただきます。
したがって今日の五雲会の分は、しばらく先になってしまいそうです・・・

スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

« | 2007-06 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。