FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

成上りのつづき

出張で泊まりだったり、昨晩は疲れていたことなどもあり、で、鑑賞記が溜まってますので、今日は朝のうちに「成上がり」のつづきを書いておこうと思います。


すっぱが下がると主が目を覚まし「東が白うだ」と太郎冠者を起こし、まだ暗い中を出発します。
二人して舞台を回っているうちに、太郎冠者は太刀が竹に変わってしまっていることに気付き、主に「世間に成り上がりと申すことがござるがご存知か」と問います。


山の芋が鰻に、蛙がカブト虫に、ツバメが飛び魚に、嫁が姑に成り上がるなどと冠者が言いますが、主は嫁が姑になるのは次第送りで成り上がりではあるまいなどと返します。
さらに太郎冠者は「熊野の別当のくちなは太刀」の話を続けます。別当の太刀は世の者には蛇と見えたが、家の者が取りに行くと太刀であったなどという話。
いきなり怪しい話をした後で、太郎冠者は主の太刀も「はや成り上がって青竹になりました」と主に竹をみせます。


ここで大藏流では主が叱って留。まさに曲名通り「成上り」がメインテーマになっていますが、和泉だとこの後があります。


アドの主は、いたづら者が取り換えたものであろうが、このような人出の多い日はさらにほかの者を狙って徘徊していようから、と二人してすっぱがやって来るのを待つことにします。


すると後見座にクツロいでいたアドが立ち上がり、太刀を持って登場してきます。
主と太郎冠者はすっぱの持っている太刀に気付き、主がすっぱを捕らえます。


ここから後は太刀奪や真奪と同じで、主がすっぱを後から抑えているのに、太郎冠者がしっぺいを当てようとして外されたり、主に「縄を持ってこい」と言われて、縄をなったりのドタバタになります。


先日の真奪では石田さんの太郎冠者に大笑いでしたが、この日は石田さんが主ですっぱを抑え、月崎さんが縄をなう側。これまた大変面白く拝見しました。


ただ、この後半の部分がなかなかに面白いだけに、逆に成り上がりの様々を述べた部分がいささか霞んでしまいますね。
(20分:当日の上演時間を5分単位程度で記しておきます)

スポンサーサイト



石橋 橋憲正(五雲会)

宝生流 宝生能楽堂 2007.5.19
 シテ 高橋憲正 ツレ 金森良充
  ワキ 大日向寛
   大鼓 飯島六之佐、小鼓 住駒充彦
   太鼓 助川治、笛 藤田次郎


いやもう高橋憲正さんの石橋というだけで盛り上がっての観能。
大鼓の飯島六之佐さんは東京ではほとんどお見かけしませんが、金沢在住の大鼓方。
金沢ご出身の高橋憲正さんのシテということでお出になったのでしょうか。なかなか良い感じの大鼓でしたが、その話はまたいずれ。


さてこの石橋。古くは獅子と言ったらしいのですが、一度廃絶した能で江戸時代初期、おそらく秀忠の頃に再興されたようです。
このためか、流儀によってかなり違いますし、小書も様々。
連獅子のように紅白二人で獅子を舞う形もあれば、四人出る形もあります。


観世流などでは半能の形で演じることが普通なので、私も能楽を観るようになってからも久しく前場を観たことがありませんでしたが、宝生流では前場はツレが出る形に整理されているので、半能にしない方が通常のようですね。
そんな訳で前場を観たのは宝生流のものが最初です。
そうそう、金春でも半能が普通の形なので前後を演じる時は丸能というのだと、宗家がご自身のブログに書いておられた話を、いつぞやこのブログでも書きましたが、石橋を巡る話は、各流にいろいろとあるようです。


この日はツレが金森良充さん。お若いシテにさらにお若いツレですが、なかなか良く演じておられたように感じました。
舞台の進行はまた明日に

 | HOME | 

カレンダー

« | 2007-06 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。