FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

加茂のつづき

一同着座すると、後見の和英さんが矢立台を持って登場。
白羽の矢を立てた形ですが、矢といっても細めの竹竿に白い矢羽根の形を付けたもので、けっこうな大きさです。


正先に台を据えて後見が退場すると次第の囃子。
この日は、観に行けるかどうか見極めが付かずにチケットを申し込むのが遅くなったため、申し込んだ時には既に正面席は完売。正面が無い時はワキ正の前の方とお願いしておいたら一番前でして、柱の関係で正先あたりはいささか観にくいものの、囃子方はバッチリ。
囃子方をこんなに近くで観たのも久しぶりなのですが、次第の最初、笛の音から魅了されまして、加茂のような曲は囃子を聴くだけでも楽しめますね。
大小が広忠さんと源次郎さんで、これまた気迫ある演奏。


ワキ・ワキツレは播州室の明神に仕える神職。森常好さんの堂々たるワキに、舘田さんと常太郎さんのワキツレ。脇能らしい歯切れの良い謡で、次第からワキの詞、そして道行と進みます。


続いて真ノ一声でシテ、ツレの出になります。
ツレが先に立ち、一ノ松まで進んで振り返って幕前のシテと向き合う形で一セイ。続いてツレがサラリと二ノ句。再びシテ、ツレ同吟と、脇能の典型的な出の形ですね。


シテ、ツレともに里女という趣向で、シテは水桶を右手に持っています。
賀茂の河原に水汲みに出た風ですが、清々しいような良い雰囲気です。
謡ううちにシテが正中、ツレがワキ正に立ちますが、これに対してワキが立ち上がり問いかけます。
矢立の台の謂われを問う訳ですが、シテ、ツレはこの矢を見る風情で、ワキとの問答になります。
このつづきはまた明日に

スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

« | 2007-06 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。