FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

来殿 高橋亘(宝生会月並能)

宝生流 宝生能楽堂 2007.6.10
 シテ 高橋亘、ワキ 高井松男
  アイ 山下浩一郎
   大鼓 柿原光博、小鼓 森澤勇司
   太鼓 助川治、笛 一噌隆之


うかつにも宝生流は来殿と書き、他流は雷電と書く同じ曲・・・と思い込んでいたのですが、実は別曲。
といってもまるっきり違うわけではなくて前場は同じ。後場になって、雷電では菅丞相の怨霊が現れてワキの僧正と対決しますが、来殿では大富天神の神号を得た道真が貴人の姿で現れて早舞を舞うという形。


なんでも幕末の加賀藩主前田斉泰が、宝生大夫友于とともに雷電の後場を改作したものなんだそうで、明治になってから雷電に替えてこの来殿が宝生流の所演曲になったとか。
加賀の前田氏は本姓菅原氏といわれていて、このあたりから、道真が雷神となって暴れ回る形を、貴人姿で早舞を舞う形に変えたということなのでしょうね。


本当に改作するなら、前場の途中から思い切って詞章を手直しすれば良かったのではないかと思うのですが、間狂言の最後のところで急に、異香薫じて音楽聞こえ、と転換して天満天神が登場するので、なんとも違和感の残る形です。
藤城さんの解説にも「やや木に竹をついで感じ」とありますが、「やや」ではなく「かなり」というところ。


しかしストーリーの違和感を別として、前場、後場それぞれを別物として鑑賞すれば、菅原道真を巡る二つの能を観たようなもので、案外それぞれに面白い部分はあります。


というわけで、明日は前半から

スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

« | 2007-06 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。