FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

来殿のつづき

来殿の前場は雷電と同じです。
まずはワキの延暦寺の座主、法性坊の僧正が、ワキツレの従僧を従えて登場してきます。高井さんのワキに、井藤さんと御厨さんのワキツレで、まずは正中で重々しく「比叡山延暦寺の座主。法性坊の僧正にて候」と謡い、仁王会を執行うと語ってワキ座に向かい、床几に座します。


そののちサシ「実にや恵みもあらたなる・・・」と謡いますが、さすがに格の高い僧侶ということで、高井さんの謡も格調高いもの。


サシから上歌になり「名にし負ふ比叡の御嶽の秋なれや」と謡うあたりで幕が開き、黒頭に面は三日月だと思うのですが、単狩衣に白大口でかなり怪しい雰囲気です。
観世の雷電だと前シテは童子または慈童の面に水衣が常の形ですから、来殿の方が前シテの装束としては、ずっとおどろおどろしい感じがします。


この雰囲気にシテ高橋亘さんの謡が合っていて、とても良かったんです。
以前にも高橋亘さんの謡の声の話を書きましたが、お父様の高橋章さんに良く似た謡で、正直のところ素人が聞いていると旋律が追い難い、同時にいくつかの音が重なっているような不思議な感じの謡です。
宝生流全般にこういう印象はあるのですが、この謡が前シテの怪しい雰囲気を一層際だたせている感じです。


シテは深更にワキを尋ね、菅丞相と気付いたワキが「はや此方へ」と招じ入れます。ワキはここで床几を外し下居。シテ丞相と心うち解け話そうという形かもしれません。
シテも常座から正中へ進んで下居。
問答から、クセへと進み、師弟の契、上人の恩を謡う形。居グセですがこれも良かった。シテの気力の充実が伝わってくる感じでした。
しかしこののち、シテは無実の罪を蒙った時平の讒言のためと、言ううちに様子が変わってきてしまいます。
このつづきはまた明日に

スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

« | 2007-06 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。