FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

八島 水上優(五雲会)

宝生流 宝生能楽堂 2007.6.16
 シテ 水上優 ツレ 内藤飛能
  ワキ 御厨誠吾、アイ 山下浩一郎
   大鼓 飯島六之佐、小鼓 住駒匡彦
   笛 成田寛人


水上さんの能を観よう、観ようと思っているのですが、なんだか上手くタイミングが合わず、昨年の乱以来半年ぶりの鑑賞。
今回は前夜から泊まりだったので、朝のうち時間をもてあまして町を歩いていたら、出勤途中の水上さんとすれ違いました。
とは言え私は良く存じ上げているのですが、水上さんは私の顔はご存じないので、ここは演能前でもあり、ま、そのまますれ違ったという次第です。


さて曲は八島。観世流だけは屋島と、現在の地名と同じ表記をしますが、いずれにしても平家物語の屋島の戦いをもとに作られた能。
シテが義経で戦に勝っているため、田村、箙とともに勝修羅三番と言われますが、前後を通してなかなかに深い能だと思っています。


まず舞台はワキ、ワキツレの登場。
着流し僧で、御厨さんのワキに、梅村さんと野口能弘さんのワキツレ。都の僧が、西国行脚をこころざし、四国屋島に向かうという設定です。


次第の謡ののちワキが子細を語って、三人での道行。
御厨さんのワキ、私気に入っております。この日は力み無く、良い具合に力が抜け趣が出ていた感じです。


道行のうちに讃岐の国、屋島の浦に着き、日暮れのために見つけた塩屋に一夜の宿を借りようとします。
さてこのつづきはまた明日に

スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

« | 2007-07 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。