FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

八島のつづき

一声の囃子でシテ、ツレが登場してきます。
ツレは一ノ松まで進み、シテは二ノ松あたりに立ち、正面を向いて謡い出します。


シテは老漁師、ツレは若い漁師の姿ですが、いずれも釣り竿を担いでいます。
二人は月が出た海上の様を謡い、シテ、ツレの掛け合いで謡い、シテは釣り竿を下ろし手に持って舞台に入ります。
ツレは正中へ、シテは常座に進んで、シテのサシ。


割合にサラリめの謡ですが、味わい深いものがあります。
下歌、上歌と。春の海辺の景色などを謡います。
この謡の最後でシテとツレは立ち位置を入れ替わって、シテは正中で床几に座し、ツレは角に下居する形となります。これで塩屋の中に入ったという設定ですね。


現れた二人の漁師を塩屋の主と思い、ワキは一夜の宿を借りたいと声をかけます。
ツレの若い漁師が立ち、ワキの言葉をシテに伝えますが、シテは「あまりに見苦しく候ほどに、お宿は叶うまじ」と、宿の提供を断ります。


ツレがこれを伝えると、ワキは都から来たのでこの浦は初めてであり、なんとか一夜泊めてほしいと重ねて頼みます。
この都から来たというところにツレが反応し、シテも都人と聞いて宿を貸そうと返答します。


ツレはワキに向かう時は立ち、シテには下居して相対します。このあたりは微妙な使い分けですね。
さらに、都と聞いて懐かしいと涙にむせぶ様子。


ワキは此処は源平の合戦場であった由、その様子を語ってほしいとシテに乞い、これを受けてシテの語りとなります。
このつづきはまた明日に

スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

« | 2007-07 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。